こだわりのモノ

【要注意】男子大学生が選びがち!ダサいリュックの特徴まとめ

ダサいリュックの特徴を書いた記事

男子大学生、ダサいリュックは選ぶべからず

大学生にとって必須グッズとも言えるリュック

教科書やパソコンなど、様々なものを入れる必要があるため、多くの大学生はリュックを必要としていることでしょう。

そんなリュックを購入するときに重要なのが「ダサいリュックを選ばないこと」です。

この記事では男子大学生に向けて、「ダサいリュックの特徴」をまとめます。

リュックの購入を検討している男子大学生は、是非参考にしてください。

そもそもダサいとは?

そもそも「ダサい」とは人の主観に拠るもの。

ある人は「かっこいい」と感じても、他の人は「ダサい」と感じる場合は多々あります。

そのため、今回の記事では「多くの方と志向性が一致しやすいこと」を「ダサくない」として定義して議論を進めるのでご了承ください。

ひぐま
ひぐま
ダサいは人それぞれだもんね

なぜ男子大学生のリュックはダサい?

まず、なぜ一部の男子大学生のリュックはダサく見えるのかご説明しましょう。ダサく見えるパターンは2つあります。

①リュックそのものがダサい

まず男子大学生のリュックがダサく見えるパターンその①は、リュックそのものがダサいというとき。

リュックの素材が「テロテロ」でハリがなかったり、革が明らかに合皮と分かる「テカテカ」の場合がこれに当たります。

安物だと一発で分かるリュックを背負っていては「服装にこだわりがない」と捉えられてしまい、結果として「ダサい」という評価をくだされてしまうでしょう。

②リュックの着こなしがダサい

男子大学生のリュックがダサく見えるパターンその②は、リュックの着こなし方がダサいというときです。

バックの色だけ奇抜で浮いている」という私服との組み合わせのパターンや、「身体のサイズにバックが有っていない」という身体との相性が悪いパターンがあります。

こちらも、「細かいところまで気を遣えていない雑さ」が伝わってしまうため、結果としてダサいと捉えられがちです。

ひぐま
ひぐま
2つの側面に気をつけないとダメみたい

ダサいリュックを避ける解決策

では、男子大学生はどのような点を気をつければ「ダサいリュック」を回避できるのでしょうか。解決策は以下の通り。

①人気のリュックブランドを選ぶ

まず簡単な解決策は、他の男子大学生からも人気なリュックブランドを選ぶこと。

多くの男子大学生から指示を集めているということは、やはり多くの人から見て「ダサくない商品」ですので、人気のリュックブランドを選ぶのは非常に合理的です。

そのため、よく分からないノーブランドの商品を避け、PORTERManhattan PortageMYSTERY RANCHMAKAVELICなどのブランドを選ぶことをオススメします。

このくらいの価格帯だと、それなりに良い素材も使われていますし、安心です。

②黒のシンプルなリュックを選ぶ

どんな私服、どんな状況にも組み合わせやすい黒のシンプルなリュックを選ぶと良いでしょう。

奇抜すぎるリュックを選んでしまうと、特定の人にはウケることでしょうが一般人からの感覚からはズレてしまい、「ダサい」と認識されることが多いためです。

ひぐま
ひぐま
無難を選ぶのが一番お手軽だね

男子大学生におすすめのリュックブランド4選

男子大学生がダサいリュックを選ばないための解決策を示したところで、おすすめしたいリュックブランドをご紹介しましょう。

今回おすすめするのは4つのリュックブランドです。

①PORTER(ポーター)

まずおすすめしたいのがPORTER。言わずと知れた有名リュックブランドですね。

洗練されたデザインであるのは勿論、多くのブランドが海外で生産をするなか、日本生産にこだわっているので質も抜群。

僕も「PORTER FUTURE」というリュックを愛用していますが、手触りも良いし、背負心地が良いし、他の人とあまり被らない商品なので非常に満足しています。

PORTERに関してはビジネスバックとしても使えるデザインなので、長いことを使える点もグッド。

お値段は3円程度と少し高いですが、大学生になるとリュックはほぼ毎日使うものなので良い商品を買うことがおすすめです。

②Manhattan Portage(マンハッタン・ポーテージ)

男女問わず多くの大学生から人気を集めるブランド、Manhattan Portage

赤いワンポイントのブランドロゴが特徴的ですよね。ほとんどの商品が黒を貴重としたシンプルなデザインであり、使いやすさは抜群です。

僕はManhattan PortageとBEAMSがコラボしたメッセンジャーを持っているのですが、生地もしっかりしているので安心して使えています。

お値段も1万円台ですので、気軽に手を出せるリュックだと言えるでしょう。

③MAKAVELIC(マキャベリック)

ここ数年で多くの男子大学生から人気を集めているMAKAVELIC

金具や紐が少しついたカジュアルなデザインとなっており、ワンポイントのMAKAVELICロゴがいい味を出しているリュックです。

僕もMAKAVELICのリュックを以前使っていたのですが、他のバックよりもコンパクトなサイズであり軽いので持ち運び性能は抜群でした。

リュック側面にあるジッパーも一番下まで下ろすことができ、モノの出し入れも凄くやりやすかったです。

価格も1万円台後半と手が出しやすいお値段なので、「カジュアルに楽しみたい」という方にはおすすめですね。

④MYSTERY RANCH(ミステリー・ランチ)

Y字型のジッパーが特徴的なのが、MYSTERY RANCHのリュック。

とにかく堅牢性に優れており、ガシガシ雑に使ってもへこたれない点は魅力的です。

普通の黒リュックと違い、少し特徴的なデザインは所有欲を満たしてくれることでしょう。

価格は少々高めですが、「あまり人と被りたくない」と考えている男子大学生にはおすすめのリュックです。

ダサくないリュックを背負おう

リュックがダサいと言われてしまう理由をご理解いただけたでしょうか。

今回ご紹介したリュックはいずれも少しお値段がはるもの。

ただ、リュックは大学生活で使用頻度が高く、それだけ他の人から見られる回数も見られるものなので、使い勝手がよく質の良いリュックを買うことをおすすめします。

それでは。

【1ヶ月間使い倒した】ガストン・ルーガのバック購入後レビュー1ヶ月間ガストン・ルーガ縛りしてみた スウェーデン発のブランド「ガストン・ルーガ」。 シンプルで洗練されたデザインが特徴の「スカ...