こだわりのモノ

【デザインだけは至高】ガストン・ルーガのリュック「プローペル」買った感想

ガストン・ルーガのプローペル買ってみた

スウェーデン発のブランドであり、最近日本に進出した「Gaston Luga(ガストン・ルーガ)」。

筆者もInstagramに掲載されていた広告を見て初めてその存在を知ったのですが、何だか非常にオシャレな予感がして実際にリュックを買ってしまいました。

そんな僕が今回購入したのが、「PRÅPER(プローペル)」というラインの黒リュック。

つい先日、とうとう商品が自宅に到着したので「開封レビュー」なるものをしていこうかと思います。

プローペルの購入を検討されている方、是非参考にしてくださいね。

「クレッシー」「クラシック」など、ガストン・ルーガの別ラインを欲しい方にも「生地感」「使い勝手」の面で参考になると思います。

他のレビュー記事と違うポイント

みなさんは「ガストン・ルーガってどんなバックなんだろう」と気になって、色々とネットで他の記事も読んでいることであろうと思います。

ただ、注意して欲しいのは「ガストン・ルーガを紹介している多くのブログ記事は、PR記事であるということ」です。

つまり、「ガストン・ルーガ」から「商品をあげるからブログ/インスタで紹介して」と依頼を受けて書いていると。

だからどこのサイトを見ても「ガストン・ルーガかっこいい!」や「凄くオシャレ!」みたいな褒めているものしか見つからないんですよね

当サイトはその点、ありがたいことに(?)何の依頼も受けていません。そのため、本音でズバズバと「プローペル」の評価を下していく珍しいサイトと言えるでしょう。

ガストン・ルーガとは?

ガストン・ルーガのことを知らない方に向けて、一応このブランドの概要をご紹介しておきましょう。

公式FaceBookアカウントにはこのように掲載されていました。

Stockholm based backpack brand that offers multi functional backpacks with sophisticated Scandinavian design.

翻訳すると「ストックホルムに拠点を置く、洗練されたスカンジナビアデザインの多機能なバックパックを提供しているブランド」らしいですね。

この「スカンジナビアデザイン」、H&MIKEAなんかも当てはまる「シンプルなもの」だそう。

確かにガストン・ルーガの他の商品を見ていても「シンプルでオシャレ」なイメージが伝わってきます。

プローペルはどんなリュック?

今回僕が購入したプローペルとは、ガストン・ルーガの商品ラインナップの中でも、男女問わず使える商品。実際に開封後、本を3冊いれて撮った画像がこちら。

ガストン・ルーガの見た目

容量は18L、大きさも30 x 42 x 15cmと、大きすぎもなく小さすぎもしないサイズです。

カラーは5種類あり、ブラック・ホワイト・ピンク・ネイビー&ブラウン・オリーブ&ブラックのラインナップ。

価格は税込みで¥19,200。送料は無料となっていました。ちなみに、僕は「期間限定25%クーポン」があったときに購入したので、¥14,400で購入することに成功。

いずれにせよ、まあまあ高めのリュックと言えるでしょう。他に発売されているラインも同じくらいの価格なので、ガストン・ルーガはある程度のブランドパワーがあると言えます。

プローペルを開封してみてガッカリしたこと

ガストン・ルーガとプローペルの概要を理解したところで、開封したときに僕が思ったことを書いていきます。

(1)梱包にちょっとガッカリ

ある程度の値段がした商品だったので、ちゃんとした箱で届けられると思っていたのですが、「え、これ?笑」というレベルの箱で送られてきました。

ガストン・ルーガの箱

ガストン・ルーガのロゴ部分にはベタっと発送シールが貼り付けられており、剥がした結果ロゴごと剥がれたので背面の写真を載せています。

ちなみに箱の右上部分は僕が乱暴に剥がそうとしたからこうなりました。めちゃくちゃ開けにくかったです。

中を見てみると「一枚のプチプチ」程度の緩衝材しかなく、薄いペラペラの布でリュックが覆われているだけでした。開封後はこんな感じ。

プローペルの袋

これが「シンプルさ」を追求した「スカンジナビア」クオリティなんですかね。まあ良いでしょう。

(2)付属のポーチが安っぽい

ガストン・ルーガでは「リュックを購入したら無料でポーチがもらえるキャンペーン」をやっており、そこで黒のポーチが送られてきました。

ガストン・ルーガのポーチ

無料なのでそんなにケチを付けたくなかったのですが、「1万円相当」と言われているだけに突っ込まざると得ません。

一瞬でわかる合皮感あふれる外観はまあ良いとして、ポーチについているガストン・ルーガのプレートが、未使用の状態で小キズが入っていました。

どうせ使わないから彼女にあげる予定でしたが、プレゼントするもののクオリティではないのでお蔵入り確定です。

(3)しっかり観察すると安っぽい

価格を見て理解はしていましたが、プローペルの顔となるフタ部分は合皮

合皮ではない部分は柔らかい素材になっているのですが、高級感は感じられないかなと。価格相応という感じはします。

(4)プローペルはモノの出し入れに向いていない

悲しいことにプローペルはモノの出し入れには全然向いていません。今まで色々なリュックを使ってきましたが、ダントツでした。

というのも、プローペルのポケットはフタ部分の下にある一箇所のみ。そのため、モノを取り出すためには上ブタを一回一回外す必要があります

また、この上ブタを外すためには、まあまあ重めの金具を外す必要があると。以下の画像の部分です。

プローペルの金具

そのあとにリュックの口を縛っていた紐を緩めて、やっとモノの出し入れができます。しかもこの紐、結構しっかり太く作られているので「スッ」と解けません。紐はこんな感じ。

プローペルの紐

この作業を何度も何度もこなす必要があり、機能性の面では正直ダメダメ

「スカンジナビア」って不便って意味でしたっけ?

(5)プローペル本体がちょっと重い

凝った金具が使われていたり、ガストン・ルーガのプレートがついていたり、合皮を使っているということもあって、ちょっとプローペルは重めです。

にもかかわらず、背負う部分が「スカンジナビアデザイン」らしく、クッションなど一切ありません。

プローペルの背負う部分

もうちょっとクッションあったら良いのになあと思ってしまいます。

(6)ポケットが非実用的

プローペルには一応ポケットが2つついています。1つ目が取り出しづらいメインのもの。2つ目が先程の画像にも見える背面ポケットです。

パスポートとか大事なものを入れるポケットらしいのですが、まず普段使いで使いませんよね。

また、メインポケットには一応3つ仕切りがあるのですが、これも非実用的。

f:id:pandenm:20181119193646j:plain

パソコンを入れる仕切りの他に、スマホ1つ入るくらいの仕切りが2つついています。

ただ、パソコンの仕切りはクッション性が弱くあまり信用ならない。おまけに他の仕切りは小さすぎて使う用途が想像できません。

やはりガストン・ルーガのプローペルは実用性に欠けると言えるでしょう。

プローペルの良さそうなポイント

散々プローペルのダメな点を列挙してきました。もはや僕はもう使わないように思えるでしょうが、意外と日常生活で使う予感がしています。

その理由は「なんだかんだカッコいい」から。

よく見ると安っぽい見た目はしているものの、遠くから見たら意外と高級感があるように見えます。

また、シンプルなボディに加えて、重い金具部分・合皮の紐など拘りを感じる部分があり、デザイン性に優れていると。

ガストン・ルーガのロゴ

ロゴの部分もシックなデザインであり、何となく高級感を感じさせるプレートになっており、結構魅力的です。

確かに機能性はかなーり微妙なんですが、それ以上に「持ちたい」と思わせるようなデザインだったので、今後ヘビロテしていくと思います。

結論:カバンをファッションとして持つなら良し!

ガストン・ルーガのプローペルを今回ご紹介してきました。人によって向き不向きがかなり分かれる商品だと思います。

「機能性が大事」「ポケット何個も欲しい」「疲れを軽減するバックが良い」という人は買わないほうが良いでしょう。

ただ、「スタイリッシュなバックが欲しい」「人と被らないリュックが良い」という方にはおすすめできますね。

ガストン・ルーガの商品を検討されている方は「自分がどんなリュックを求めているのか」を考えてから購入すると良いと思います。

少しでも皆さんの参考になっていれば幸いです。

それでは。