音楽と写真

iPhone11Proのポートレートに満足できず一眼レフに戻りそう

iPhone11Pro

一眼レフからiPhone11Proに乗り換えた僕

iPhone7からiPhone11Proに機種変更して以来、一眼レフを使う機会がめっきり減った僕。

その理由はiPhone11の圧倒的コスパの良さにありました。(コスパ=画質/写真にかけた労力)

そんなこんなで一眼レフを使わなくなってから1年弱が経過。

もう一眼レフを売り払ってしまおうか考えていたのですが、過去の写真を見返してみると「あれ、やっぱ一眼レフいいなあ」という気が。


iPhone11Proと一眼レフの写真比較

まずiPhone11Proで何気なく撮影した写真がこちら。

室内でポートレート機能を使用しています。背景がボケていていい感じですね。

アイフォンの写真

一方、一眼レフのオート機能で撮影した写真がこちら。(ビール飲みかけ)

一眼レフの写真

何も考えずテキトーに撮ったため画角等ことなる部分がありますが、iPhoneで撮影したものとは大きく異なるのがお分かりいただけますでしょうか。

アイフォンの写真

もう一度iPhoneで撮影した写真をみると、ビールが偽物っぽく見えてきます。

透明感という点では一眼レフの写真よりもあるのですが、「ビールがキンキンに冷えている感」が感じられません。

手軽さをとるか、質をとるか

一眼レフは本体+レンズで重さが1キロ。

一方でiPhone11Proはわずか188グラム。

さっとポケットから取り出し気軽に撮影できるという点ではiPhoneの圧倒的勝利です。

ただ、過去の写真を振り返ったときに「良い思い出感」が出るのは確実に一眼レフな気がしました。

ひとまず、一眼レフを売り払うのはやめにしようと思います。

それでは。


モノブロガーが選ぶ上半期BEST10

毎月大量のモノを購入しているモノブロガーの筆者。

2020年上半期、本当に買ってよかったモノをご紹介します。