おすすめグッズ

【サウンドバー比較】ソニーのHT-X8500とヤマハのYAS-109はどっちがいい?

ロマンあるサウンドバーという存在

テレビの音声をダイナミックにしてくれるサウンドバー。

上司のパワハラで溜まりに溜まったストレスを発散するべく、「家を最高のリラックススペースにしたい」と感じた僕は、「普段見るYouTubeやSportify、Netflixの音質を高めたい」と思い、サウンドバーの購入に踏み切ることに。

そこで、色々なサウンドバーをネットや家電量販店で比較してみることにしました。その結果、ソニーのHT-X8500を購入。

この記事ではその選択の理由をつらつらと書いています。読者の方の購入を後押しできれば幸いです。

価格ドットコムでサウンドバーを比較してみた結果

まずネットで情報収集しないとな〜と思いチェックしたのが価格ドットコム。

”とりあえず人気商品を選んでおけば間違いないだろう”思考の僕はランキングで上位を占める製品のレビューを見てみることに。

すると”ソニーのHT-X8500””ヤマハのYAS-109”という商品がどうやらダービーを繰り広げていると。

ソニーのHT-X8500は価格がヤマハ製品より高いだけあって評価も高いものの、ヤマハのYAS-109は何やら評価が低いよう。

3,4位にランクインしているYAS-109の前モデルの評価は高いのに何でだろうと思っていたら”音が途切れる”という点に不評が集まっているようでした。

家電量販店にいって実物を見ながらこの点について訪ねてみることに。

家電量販店でサウンドバー比較してみた結果

近所にある地域では一番大きいビックカメラに足を運び、ベテランっぽい店員さんに話を聞いてみることに。

ソニーとヤマハ以外のサウンドバーも検討するつもりだったのですが、店員さんにも聞いてみるとHT-X8500とYAS-109が同価格帯でおすすめとのこと。そこで2機種に絞って聞いた点をまとめるとこんなかんじ。

SONY ”HT-X8500”同価格帯の中では一番コスパ良い。DOLBY ATMOSも対応してるしケーブルも付属してついてくるしおすすめ。
YAMAHA ”YAS-109”音が途切れるという点については不明。大丈夫だと思う。5.1chという表記にはなっているけど、仮想なのでそんなに期待しないほうが良い。

実際に自分のSportifyとBluetooth接続して視聴してみたのですが、如何せんビックカメラはうるさすぎてまともに比較できたもんじゃありません。

そこで一旦情報を持ち帰って検討することに。

最終的にソニーのHT-X8500に踏み切ったポイント

改めてネットで情報収集をしたり、店舗に出向いて検討した結果、下記4点の理由で購入を踏み切ることに。

(1)HT-X8500の方がスッキリしたデザインだったから

写真で見るとYAS-109もHT-X8500もスッキリしたデザインに見えるでしょう。公式ページから画像を拝借してみました。

こちらがソニーのHT-X8500

そしてこちらがヤマハのYAS-109

ただ、実物を見ているとYAS-109の方はどうも”ずんぐりむっくり”しているように思えてしまいました。大きさを数値で比較するとこんな感じ。

SONY ”HT-X8500″890x64x96 mm(幅x高さx奥行)
YAHAMA “YAS-109”890x53x131 mm(幅x高さx奥行)

高さはHT-X8500のほうが若干高いものの、奥行きの数値はYAS-109が結構長いんですよね。そのため、良くも悪くも存在感が結構でてしまいます。

僕はスタイリッシュなデザインが好みだったので、HT-X8500の方がグッドでした。

(2)HT-X8500はスピーカーが前面に向いていたから

HT-X8500のスピーカーは下の画像から分かるように、前面を向いています。

対して、YAS-109は下の画像のように、スピーカーを壁掛けにしない場合は上面に音が拡散されていく仕組みです。一枚目は壁掛けをしている場合、二枚目はテレビ台に置いている場合ですね。

ヤマハのサイトを見る限り、この”上面”に向いたデザインだからこそ音が立体的に表現されるようです。

ただ、ソニーにも”VERTICAL S”という立体的に音を表現する機能があり、”立体的な音声”という点ではあまり差がなさそうだと。

それだったらより音声がダイレクトに感じられそうな前面スピーカー仕様のHT-X8500が良いかなと思った次第です。

(3)YAS-109はホコリが溜まりそうだったから

「え、そこ?」と思ってしまうかもしれませんが、なんだかんだこの理由が一番大きいのです。

前述の通り、YAS-109は壁掛けにしない場合、常にスピーカーが出る面が上に向くことになります。この音が出てくる面って、アミアミのメッシュ状になっているんですね。

この部分って凄くホコリが溜まりやすい面だと思っていて。特にサウンドバーなんて同じ場所にずっと置いておくものなので、ホコリがたまるポテンシャルが大いにあると思うんですよ。

実際、ビックカメラに展示品として置かれていたYAS-109はホコリが溜まっており、アミアミの部分からは降り積もったホコリが、エアコンの風に揺られてお好み焼きのかつお節のようにフワフワしていました。

対してHT-X8500はアミアミが側面にあるのでホコリも溜まっていない様子。実際に生活をしたときの状況を考えるとHT-X8500に軍配があがりました。

多少高いけどソニーのサウンドバーがおすすめ

これまで紹介してきた理由から、ソニーのサウンドバー”HT-X8500”を購入しました。

正直なところ、価格の面ではヤマハのYAS-109が一万円程度も安く、コスパ面では負けているのかもしれません。

ただ、サウンドバーは毎日使うもの。休日は映画をダイナミックに楽しめることはもちろん、平日はSportifyでジャズを流してみたりなど、様々な用途があります。

ぜひみなさんも「安いしこれでいいかな・・・」と妥協せず、良いものを買ってみてはいかがでしょうか。

それでは。