キャリアへの情熱

キャリアへの熱意

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

 

DOPPUではキャリアに関するコンテンツを多数発信していますが、この記事では「筆者のキャリアにかける想い」をご紹介したく。

直接みなさんのキャリアに役立つノウハウではないですが、記事の裏に込められた意図を知っていただけたら嬉しいなと思っております。

 

キャリアに関する筆者プロフィール

僕のキャリアに関する思いを知っていただくために、まずはどんなキャリアを歩んできたかをご紹介します。

 

  • FHASE1
    大学初期

    大学入学。サークルとバイトで気がつけば大学2年に。

    大学の専門分野にも興味が湧かず。

  • FHASE2
    就活開始

    大学3年で就活を意識。就活サイトに登録し、合説やセミナーに参加し始める。

    この頃は「自分は大丈夫」という謎の自信があり、座談会で輝いていたメガベンチャーに惹かれると。

  • FHASE3
    就活初期

    サマーインターンに向けて選考を受け始める。

    日系大手はまずまずの難易度のところは通ったものの、憧れだった難関ベンチャー企業は全落ち。

    たまたま書類選考が通過した外銀も、集団面接では学生経験の狭さに呆れられ途中から質問されない始末。

    「半端者感」を痛いほど実感し、絶望。

  • FHASE4
    就活前期

    焦りからとにかく就活対策に膨大な時間を捧げる。

    就活対策記事や本を読み漁り、学生経験の見方を工夫するが根本がダメなので状況は変わらず。

    引き続きコンサルやベンチャーの選考に参加するも、周囲との差を見せつけられ自信を喪失する毎日。

    明らかに経験が足りていないことを再認識し、就活と並行して長期インターンを始めることに。

  • FHASE5
    就活中期

    企業ウケする経験は莫大に時間をかけていた就活対策のおかげで把握。

    長期インターンが良いアウトプットの機会として機能し、ある程度活躍することに成功。

    自分自身が成長したほか、リアル感のあるエピソードが手に入り、ESや面接で熱をこめたコメントが可能に。

    結果としてその後の選考は好調に進み、外資系コンサルから年内に内定獲得。

  • FHASE6
    就活中後期

    外資系コンサルの志望度が高かっため、日系大手の冬インターンは参加せず。

    引き続き長期インターンに多くの時間をさくことに。

    ある程度就活のコツが掴めるようになり、選考が続いていた日系コンサル・日系大手メーカー・マスコミ業界から連続して内定を獲得。

    漠然と興味のあった総合商社対策も徐々に始めることに。

  • FHASE7
    就活後期

    OBOG訪問で高く評価されたこともあり、無事憧れていた総合商社から内定を獲得。

    内定のカードは色々と揃ったものの、「就活に勝つ」ということに執着しすぎていたため、「やりたいこと」が分からない状態に。

    迷いつつも、フィーリングがあったマスコミ業界に進むことを決め、総合商社や外資コンサルは辞退し就活終了。

  • FHASE8
    社会人生活

    魅力的な仕事に関われているものの、成長につながっているかが見えず苦悩。

    総合商社にいけばどんな人生だったんだろう?外資系コンサルだと今より成長できているのだろうか?など、あの時に選択に自信を持ちきれない。

 

以上、僕のキャリアです。

「ダメ就活生の状態→トップ企業の内定獲得」という点でみると「就活成功」に見えますが、「理想的なキャリア」という点ではダメダメ。

大学受験のように「偏差値の高いところを受かる」ことが目的化しており、今キャリアで思い悩むことになっているから。

 

筆者の経験を踏まえて

上記で紹介したように、僕の就活は一見成功に見えてしまうものの事実上は失敗。

このようなケースは僕だけにとどまらず、多くの友人も「曖昧な目標」のまま就活を終え、悩みながら社会人生活を送っています。

今就職活動をする就活生にはこのようなルートを辿って欲しくない。

トップ企業から内定無双することをゴールとするのではなく、「納得のいくキャリア」を第一優先にしていただきたい。

そのような思いから、「理想像の明確化」に主軸をおいた就活コンテンツを作っている次第です。

 

発信するコンテンツに関して

キャリアコンテンツでは、大きく2つのカテゴリを用意しています。

 

  1. キャリアを描く
  2. キャリアを叶える

 

「キャリアを描く」は、将来自分のありたき姿を明確化するコンテンツを用意しています。

一方「キャリアを叶える」では、自身の経験を魅力的にブランディングする方法をご紹介。

 

サイト構成も皆さんが欲しい情報にすぐアクセスできるよう工夫しておりますので、ぜひDOPPUをキャリア醸成に使っていただければ嬉しいです。

 

キャリアを描く

キャリアを叶える