PCガジェッツ

Boyataのノートパソコンスタンドを購入!使用感を本音レビュー

Boyataのノートパソコンスタンドのレビュー記事

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

マスコミ業界勤務で日々トレンドに追われ続けています。

給料の半分がガジェットに消えるモノ好きです。

 

Amazonのノートパソコンスタンドで「ベストセラー」に認定されているBoyata。

在宅ワークの機会も増えたこともあり、PC使用時の姿勢改善につながるノートパソコンスタンドを探している方も多いかと多います。

 

Boyataのノートパソコンスタンドは本当に良いモノなのか?
使い勝手とはどうなのかな?

 

このような想いを抱える読者の方に向けて、実際にBoyataのPCスタンドを使用している筆者が使用感等をお伝えしていこうかと。

 

higma
higma
本音で語っていきます。

 

2種類あるBoyataのノートパソコンスタンド

Amazonで検索してみると、Boyataのノートパソコンは2種類ある様子。

「どっちを買えば良いのか」と迷われる方もいると思うので、比較してみました。

 

BoyataのPCスタンド比較

B07VXCVVRM

Boyataのノートパソコンスタンド

B07H774Q42

Boyataのノートパソコンスタンド

対応サイズ

17.3インチ,20キロまで

17インチ,20キロまで

発送重量

1.3キロ

1.5キロ

評価

4.6/5(700件)

4.7/5(1200件)

発売日

2019/7/30

2018/9/9

カラー

シルバー・グレー

シルバー

 

寸法、対応サイズともほぼ変わらないという結果に。

発売日を見る限り、B07VXCVVRM(中央部が空いていない方)がB07H774Q42の後継機という立ち位置であると考えられます。

 

higma
higma
「グレーが欲しい」と言う方は最新作一択ですが、あとはデザインの好みの問題かと。

 

Boyataのノートパソコンスタンドを購入した理由

つづいては筆者がBoyataのノートパソコンスタンド購入に踏み切った理由について。

Amazonには様々なメーカーのノートパソコンスタンドが掲載されており、かなり購入を迷ったのですが、結局Boyataの商品に落ち着きました。

その理由としては、”Amazonベストセラー”だったから。

筆者は「迷ったときにはAmazonがおすすめしているものを購入する」という信念があり、この信念を持ってから購入した商品で後悔したことがなかったと。

そんなAmazonへの絶対的信頼と”探す時間が面倒”といった理由もあり、Boyataのノートパソコンスタンドを購入することに。

 

Boyataのノートパソコンスタンド開封の儀

僕が購入したのはBoyataの旧作ノートパソコンスタンド「B07H774Q42」。

新作よりもスタイリッシュな見た目だったのが選んだ理由です。

Boyataから届いた箱は下記画像のような感じ。

 

BoyataノートPCスタンド外箱

Boyataのノートパソコンスタンド

案の定、日本語は変ですが箱はしっかりとしています。

内容物は下記画像の様な感じ。

 

BoyataノートPCスタンド中身

Boyataのノートパソコンスタンド

ノートパソコンスタンドと、Boyataのカード、レビューを促す紙が入っていました。

「レビューをしたらキーボードプレゼント!」とのことです。

 

BoyataノートPCスタンド本体

Boyataのノートパソコンスタンドのレビュー記事

袋をあけて実際にBoyataのノートパソコンスタンドとご対面。

ヒンジ?が物凄く硬く、上記画像のように広げることにかなりの力が必要でした。

立たせてあげると下記画像のような感じに。

 

BoyataノートPCスタンド立ち姿

Boyataのノートパソコンスタンド

良いですね。。

金属も安っぽいくなく、スタイリッシュです。

 

higma
higma
伸ばしてみると・・

 

Boyataのノートパソコンスタンド

二つのヒンジ部分を調整することで高さを変えることができるのですが、こちらがほぼMAXの状態の高さ。かなり高いです。

 

higma
higma
コンパクトにしてみると・・

 

Boyataのノートパソコンスタンド

最小の状態がこちら。

本体自体が重いため流石に持ち運びは難しそうですが使わない時はコンパクトにして収納しておくなんて使い方ができます。

 

BoyataノートPCスタンド+PC

Boyataのノートパソコンスタンド

 

僕が普段使っているMacbook12inchを閉じた状態でおいてみました。サイズ的にはかなり余裕があります。

 

Boyataのノートパソコンスタンド

 

Boyataには四隅に滑り止めゴムが取り付けられているほか、金属の支えも。

滑り落ちることはありません。

 

higma
higma
横から見てみます

 

Boyataのノートパソコンスタンド

 

かなりの高さがでましたね。

流石にパソコン本体のキーボード操作は難しいのでBluetoothキーボードの使用が前提になるかなと思います。

 

higma
higma
高さがわかるように、英語辞典ほどの分厚さがある本を2冊積んでみました

 

Boyataのノートパソコンスタンド

 

これまでPCの高さをあげるために本を積み重ねていた方、Boyataの方が明らかに高くなります。

ディスプレイをみる視線の高さが上がり、姿勢もよくなるのでかなり満足しています。

 


Boyataのノートパソコンスタンドを使用したレビュー

見た目はOKだったものの、気になるのが実際の使用感。

Boyataのノートパソコンスタンドを1ヶ月近く使用してみて思うところをまとめます。

 

Boyataノートパソコンスタンドの微妙だった点

まずはBoyataのノートパソコンスタンドを使ってみて「微妙かも」と感じたポイントから。

 

微妙だった点

持ち運びには適していない

 

折りたたみはできてコンパクトにはなるのですが、なかなか持ち運ぼうという気にはなれません。理由は下記とのおり。

 

  1. 折りたたみに結構な力が必要
  2. 商品自体が重い

 

開封レビューでもお伝えしたとおり、ヒンジ部分がかなり硬く、角度を調整するのにはかなりの力が必要。

わざわざ苦労してまで折り畳もうとはなかなか思えませんし、そもそも本体が重いので持ち運びは非現実的です。

 

higma
higma
定位置はデスク。動くことはもうないでしょう。

 

Boyataノートパソコンスタンドの良かった点

つづいて、Boyataのノートパソコンスタンドを使ってみて「良かった」と感じた点はこちら。

 

良かった点
  1. 「揺れ」にとことん強い
  2. 角度の調節幅が広い
  3. 所有欲を満たすルック

 

ひとつひとつ詳細を説明します。

 

①Boyataは「揺れ」にとことんつよい

Boyataのノートパソコンスタンド

まずは「揺れ」に関して。

何度もいっていますが、Boyataはヒンジが固すぎるくらい固いと。

おかげで、タイピングやマウスを動かすなどの普段使い程度では”一切”揺れません。

僕はBoyataの隣にタブレットアームでiPad Proを浮かせているのですが、iPadはガクガクしていてもMacbookは微動だにしないほど。

ストレスなく使用することができています。

 

②Boyataは角度調整の幅が広い

つづいてBoyataのノートパソコンスタンドの良かった点は「角度調節の幅が広い」こと。

ヒンジは固いですが、角度はかなりの自由がききます。

身長やデスク環境に合わせて好きな場所に画面の高さを揃えられるので、ノートパソコンスタンドとして機能しているかと。

 

③所有欲を満たすルック

Boyataのノートパソコンスタンド

すぐ塗装が剥がれるかな..なんて思っていたのですが全然大丈夫でした。

開封レビューのときと同様に、Macと相性が良さそうなルックなので愛着もでてきております。

 

higma
higma
所有物をスタイリッシュ、かつチープさがないもので揃えたい僕にとっては凄く魅力的なデザイン。

 

結論:Boyataのノートパソコンスタンドは良い

Boyataのノートパソコンパソコンスタンドを実際に触り使ってみたレビューの結論。

それは「非常に良い」ということ。

 

PCスタンドを使って姿勢を改善したい

でも買うならばちゃんとしたものを買いたい

 

上記のようなニーズを抱える方にはぴったりの商品だと思います。

ぜひみなさんもBoyataのノートパソコンスタンドを使ってみてはいかがでしょうか。


 

higma
higma
ほかにもBoyataの折りたたみPCスタンドをレビューしています。

気になる方は持ち運びに最適-BoYataの折りたたみ式PCスタンドをおすすめする理由もどうぞ

 

BoYataの折りたたみ式PCスタンド
持ち運びに最適-BoYataの折りたたみ式PCスタンドをおすすめする理由BoYataから発売されているPCスタンド。この記事ではそんなPCスタンドのなかでも「折りたたみ」という持ち運びに特化したスタンドをご紹介します。...

 

モノブロガーが選ぶ上半期BEST10

毎月大量のモノを購入しているモノブロガーの筆者。

2020年上半期、本当に買ってよかったモノをご紹介します。