ES

【ES対策編】おすすめの就活サイト一覧まとめてみた

ES対策の就活サイトを紹介した記事のアイキャッチ画像

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

就活では総合商社や外コン・大手メーカー等から内定を獲得しました。

大手就活サイトのライター経験後、自分でサイトを作って”キャリアに役立つ情報”を発信しています。

 

内定者のESが見れるサイトが知りたい
ESで重視されるポイントを企業ごとにみたい

 

この記事ではこのような思いを抱える方に向けて、ES対策におすすめの就活サイトをご紹介します。

 

この記事の信頼性

①筆者が実際に就活生に利用したサイトのみ紹介

②PRではない本音のレビュー記事

 

きっと参考になるはずです。

 

ES対策で就活サイトに登録すべき理由

ES対策をする際に就活サイトの登録すべき理由について、念のため説明しておきます。

ES対策で就活サイトに登録すべき理由は下記の2点。

 

  1. 内定者のESからその企業が必要とする素地がわかる
  2. 内定者のES形式パクれば時間短縮に繋がる

 

(1)内定者のESからその企業が必要とする素地がわかる

内定者のESをみていると、企業の評価ポイントがぼんやりと見えてきます。

たとえば「学生時代頑張ったこと」という設問からは、どんな経験や独自の視点をアピールしていたかが見えてくると。

知識0の状態から企業の公式ホームページをみて企業が重視するポイントを理解するよりも、内定者のESを観察してある程度仮説を立ててからリサーチする方が効率的です。

 

(2)内定者のES形式パクれば時間短縮に繋がる

「ESをどんな文章構成にすれば良いか悩んでて数時間経ってた」なんてことないでしょうか。

ESの文章構成でうんうん悩んでいるよりも、一度書いたESを「これで自分の魅力が伝わるかな?」と考える時間に当てる方が建設的す。

なので、内定者が書いたESの文章構成に自分の書きたいことを当てはめてみましょう。時間短縮につながるのでおすすめ。

 

ES対策におすすめできる就活サイトの基準

就活サイトに登録する必要性は理解いただけたかと思います。

では、どんな就活サイトに登録すべきなのか。ポイントは1つです。

 

内定者のES投稿数が多いサイトを選ぶこと

 

この理由は「同じES通過者でも通過ランクが異なる場合が多いから」です。

というのも、ES通過をした人の中にも「うーんまあ一応通過させておくか」という人もいれば「ぜひ話を直接ききたい!」という人もいます。

あくまでも僕調べですが、内定者のESは「ぜひ話を直接ききたい!」と思わせる文章の確率が非常に高く、参考になります。

ですので、できる限り「内定者」のES掲載数が多い就活サイトを選ぶと良いでしょう。

 

ES対策におすすめ就活サイト一覧

それではここから本題。ES対策におすすめの就活サイト一覧をご紹介します。

 

(1)ONE CAREER(ワンキャリア)

間違いなくES対策に使える就活サイトはONE CAREER(ワンキャリア)です。

ワンキャリアは毎年、就活を終えた学生にお金を払って選考に通過したESや選考体験記を募集しています。

一本数千円で買い取ってもらえるため、就活生にとっては割りの良いお小遣い稼ぎ。

皆意気揚々とESを投稿するわけです。

 

higma
higma

そのため、ワンキャリアには大量の内定者ES情報が眠っていると。

 

しかもワンキャリアはご丁寧に選考における重要ポイントも企業ごとにファイリングしてくれている有能仕様。

就活対策全般にも使えますし、登録しているとしていないとでは選考通過確率が大きく異なると断言できます。

ONE CAREERはどのレイヤーの就活生にもおすすめできる就活サイトです。

 

(2)Unistyle(ユニスタイル)

つづいておすすめする就活サイトはユニスタイルです。

ユニスタイルもワンキャリアと同様、就活生からES情報を購入している就活サイトの一つ。

 

higma
higma
基本的にワンキャリアと機能は同じです

 

ただ、ワンキャリアに掲載されていない企業の内定者ESが掲載されているケースもあるのがミソ。

基本的にワンキャリアで対策は事足りますが、ユニスタイルも保険として登録しておくことをおすすめします。

 

複数のES対策サイトをどうつかいこなすか?

今回の記事ではワンキャリアとユニスタイルの2サイトをご紹介しました。

この2サイトでは「ESの書き方」というコンテンツも提供しており、みなさんもみることでしょう。

ここで注意しておきたいのが「全ての情報を信じ込まないこと」。

 

というのも、就活サイトによってそれぞれ主張がことなるから。

「ESはこう書くべきだ!」という意見も就活サイト、はたまたライターによって違う物です。

ですので、全部のアドバイスを受け入れていると、おそらくこまってESが書き上げられないことでしょう。

 

どうすれば良い?

 

ポイントはみなさんが「このサイトの情報は信用できそう!」と感じたものの記事を軸にESを書くこと。

 

higma
higma
変にいろんなサイトの良い部分をパッチワークのようにくっつけるのではなく、絞ることをおすすめします。

 

就活サイトで効率的にES対策を進めよう

この記事ではES対策におすすめの就活サイトをご紹介してきました。

内定者のESを参考にしながらエントリーシートを書くとかなり時間が削減できるもの。

就活は情報戦ですので、ぜひとも今回紹介したONE CAREERユニスタイルを使って就活を効率的に進めていただきたい。

DOPPUではES以外にも、用途別で「為になる就活サイト」をまとめています。

ぜひ参考にしてくださいね。

それでは。

逆求人型就活サービス「OfferBox」



経済産業省・マイクロソフト・資生堂・日産・GREE・朝日新聞・JCBなどの一流企業からスカウトが届く「OfferBox」

ESでは表現しきれない自分をアピールし、特別選考のチャンスをゲットできるのでおすすめです。