PCガジェッツ

苦悩の末、HHKBの持ち運び用ケースを購入したのでレビューを

HHKBケース

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

マスコミ業界勤務で日々トレンドに追われ続けています。

給料の半分がガジェットに消えるモノ好きです。

 

HHKBの持ち運び用ケースを探している読者の皆さん。

高い値段をHHKBに払っただけに、色々な場所に持ち運びたいですよね。

でもHHKBを傷つけることは絶対にしたくないと。

 

でもHHKBの持ち運び用ケース、明らかに高すぎるんだよなあ

 

僕も全く同じことを思っておりまして。

しかし、結局HHKBの持ち運び用ケースをAmazonでポチってしまうことに。

この記事では明らかに高いHHKB持ち運びケースを購入した理由と、商品レビューをしていきます。

 

higma
higma
HHKBの持ち運び用ケースの購入を検討されている方はぜひ山王にしてくださいね

 

種類が豊富なHHKB持ち運びケース

HHKBの持ち運びケースって意外にも種類が豊富なんですよね。

HHKBの販売元であるPFUに掲載されているケース一覧、まずは全てご紹介します。

 

higma
higma
値段が安い順に並べてみました

 

  1. HHKBスマートケース
  2. HHKBスマートケース2
  3. ハードケースDX
  4. トランスポーター
  5. キーボードトランク

 

higma
higma
補足していきます

 

①HHKBスマートケース

HHKBの持ち運びケースの中で最も安い商品が「HHKBスマートケース」


 

価格は税抜きで¥2,000。

キーボード本体がすっぽりハマる仕様になっており、キーボードルーフをつけた状態だと入らないようです。

 

higma
higma
最もシンプルですね

 

②HHKBスマートケース2

2番目に安いHHKB持ち運び用のケースは「HHKBスマートケース2」


HHKBスマートケース2のお値段は税抜きで¥2,500-

先ほど紹介したHHKBスマートケースと違って、マジックテープで止められるフタがついています。

また、HHKBスマートケース2はキーボードルーフを装着した状態でも収納が可能です。

 

higma
higma
HHKBスマートケースよりスタイリッシュですね

 

③HHKBハードケースDX

つづいて紹介するHHKB持ち運び用のケースは「ハードケースDX」


 

HHKBハードケースDXのお値段は、税抜きで¥3,500-

HHKB本体を格納する部分のほかに、コードなどを収納できる外ポケットがひとつある商品ですね。

HHKBスマートケース2と同様、キーボードルーフを装着したままでも入るようです。

 

higma
higma
急にガジェットポーチ感が強くなりましたね

 

④HHKB用トランスポーター

つづいてのHHKB持ち運びケースは「HHKB用トランスポーター」


 

HHKB用トランスポーターのお値段は税抜きで¥5,000-

後述する商品と同様、HHKB持ち運びケースで最も高いモデルですね。

HHKBのキーボードルーフだけでなく、キーボードブリッジまで運べる仕様になっています。

 

higma
higma
HHKBハードケースDXよりはスタイリッシュな印象

 

⑤キーボードトランク

最後に紹介するHHKB持ち運び用ケースは「キーボードトランク」


 

お値段は先ほど紹介したHHKBトランスポーターと同じく、税抜きで¥5,000-

ギターケースをイメージした商品らしく、より頑丈にプロテクトしてくれるそう。

コード類などの小物も隙間にいれることができるそうです。

 

higma
higma
書道箱みたいなデザインですね…

 

僕が購入したHHKB持ち運びケース

PFUが販売しているHHKB持ち運びケースを全5種類ご紹介してきました。

このなかで僕が購入したケースは「HHKBスマートケース」

色々と選択肢があったなかで、あえて機能性が最も低いケースを選んだ理由は下記の通り。

 

HHKBスマートケースを選んだ理由
  1. コンパクトに持ち運びたかった
  2. どの製品も”質”には期待できないから

 

higma
higma
補足します

 

①コンパクトに持ち運びたいから

HHKBスマートケースを選んだ理由の一つ目は「コンパクトに持ち運びたいから」

HHKBスマートケース2ならまだよいのですが、それ以外のケースは荷物として嵩ばる気がしておりまして。

できる限り荷物は少なくしたい&カバンをパンパンにしたくない僕はスマートケースシリーズ一択でした。

 

higma
higma
HHKBキーボードルーフは¥4,000もするので購入を断念。

結果、HHKB本体にぴったりはまるHHKBスマートケースに。

 

②どの製品も”質”には期待できないから

HHKBスマートケースを選んだ理由の二つ目は「どの製品も”質”には期待できないから」

Amazonのレビューを見れば分かると思うのですが、HHKBのケースは全て評価があまりよろしくありません。

 

このクオリティで**円はあり得ない

 

HHKB持ち運びケースのAmazonレビューはこのようなコメントばかり。

きっと高い商品を買っても報われないだろうなと感じ、まだショックが少ないであろう最安値のケースを選びました。

 

higma
higma
消極的な理由です

 

100均のケースを選ばなかった理由

渋々、HHKBスマートケースを購入した僕。

購入を決意する前、他の方の「100均のケースでイケる」という記事を読み、かなり迷っておりました。

ただ、結局は¥2,500-を払うことに。その理由がこちら。

 

スマートケースを購入した理由

若干のダボ付き具合が許容できなかったから

 

100均のケースだと、当たり前ですがHHKB用に設計されていないので、ぴったりとフィットしないんですよね。

このフィットしていないときの「くしゃっ」とした感じが美学的にアウトだったのです。

HHKBを毎日持ち運ぶつもりだったので、¥2,500という価格も日割りで考えれば安いなと考え、購入することに。

 

higma
higma
100均ケースだとHHKBに申し訳ないという謎マインドが発動してしまいました

 

HHKBスマートケースをレビュー

上記の理由からついつい購入してしまったHHKB持ち運び用のスマートケース。

ようやくAmazonから商品が到着したので、レビューをしていきます。

 

higma
higma
HHKBスマートケースの本体は下記画像のような感じ。

 

HHKBスマートケース

HHKBケース

非常にシンプルなケースですね。

触り心地は柔らかいです。クッション性はまずまず。

 

HHKBスマートケース(ズーム)

HHKBケース

HHKBスマートケースをズームしてみると上記画像のような感じ。

縫製はしっかりしています。ほつれていません。

 

HHKBスマートケースのロゴ

HHKBケース

こちらはHHKBスマートケースのロゴ。

BIRD電子のロゴが入っています。

 

higma
higma
ここはHHKBのロゴにして欲しかった..

 

HHKBスマートケースの内部

HHKBスマートケース

HHKBスマートケースの内側素材はサラサラとした手触り。

素材がほつれることもなさそうなので、キーボードの間にホコリが入るなんてことはなさそう。

 

HHKBスマートケースのサイズ

HHKBスマートケース

HHKB本体をHHKBスマートケースにのせてみました。

さすが専用のケース。ぴったりです。

 

HHKBスマートケース(HHKB収納時)

HHKBスマートケース

HHKBスマートケースにHHKBを入れてみました。

横から見ると隙間がありますが、ぴったりとハマっています。

これ以上きついとHHKBが取りづらくなってしまうのでちょうど良いです。

 

HHKBスマートケース(Magic KeyBoard収納時)

HHKBスマートケース

良い子は真似したらダメですが、HHKBと一緒にMagic KeyBoardも入れ込んでみました。

ギチギチですが、なんとか入ります。

やはりある程度余裕を持たせた設計になっているようです。

 

higma
higma
意外と良かったかなと

 

結論:若干割高だけど必要経費

この記事ではHHKBの持ち運びケース「スマートケース」のレビューをしてきました。

確かに若干割高な印象は受けましたが、質はまずまずですし、素直に買って良かったです。

なにより、高いお金を払って購入したHHKBを守るためには必要経費かなと。

ぜひ読者のみなさんも大切なHHKBを守ってやってください。


 

 

モノブロガーが選ぶ上半期BEST10

毎月大量のモノを購入しているモノブロガーの筆者。

2020年上半期、本当に買ってよかったモノをご紹介します。