PCガジェッツ

HHKBの英語配列は使いにくいと聞いたので日本語にしたというお話

HHKBのキー配列

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

マスコミ業界勤務で日々トレンドに追われ続けています。

給料の半分がガジェットに消えるモノ好きです。

 

ガジェット好きから絶大な人気を誇るHHKB。

HHKBにはキー配列が「日本語(JIS)」と「英語(US)」の二種類があるため、どっちを購入しようか悩む方が多いことでしょう。

この記事では日本語配列と英語配列の違いや、それぞれの注意ポイントをまとめています。

 

higma
higma
どっちのキー配列を購入しようか悩まれている方の参考になるはず。

 

キー配列のお話に入る前に

HHKBの日本語/英語配列の話に入るに前に、一点注意事項が。

それはHHKBはドライバをインストールすることで、自由にキー配列が変えられるということ。

これから「日本語と英語配列はココが違う」という点をご紹介しますが、個人のカスタマイズ次第でどうにでもなります

 

そこまでカスタマイズする気はない

職場PCはドライバをインストールできない仕様になっている

 

上記に当てはまる方はじっくり見ていただければと思います。

それ以外の方はサラッと参考程度にみていてください。

 

HHKBの日本語/英語版のキー配列

それではHHKBの日本語配列と英語配列の違いをみていきましょうか。

なお、これからご紹介するHHKBは下記ラインナップのものであり、他のラインナップはこの限りではないのでご注意を。

 

  • Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S
  • Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID

 

実際のHHKBの画像をみながら比較していきます。

 

HHKB-日本語配列

HHKB type-S 刻印あり

HHKB-英語配列

HHKB type-S 刻印あり

 

結構違う部分が多いですね。

日本語配列と英語配列で異なる点をまとめてみました。

 

HHKBキーボード配列の違い

日本語配列

HHKB type-S 刻印あり

英語配列

HHKB type-S 刻印あり

各種記号キー
日本語で多用する記号がEnterキー付近に英語で多用する記号がReturnキー付近に
Fnキー
左下端・右Altキー横右下端
半角/全角キー
左下端Fnキー横Cntl+Spaceで代用
かな/英数キー
スペースキー横Ctrl+Spaceで代用
矢印キー
右下端Fnキー+〇で代用
Backspace(Delete)キー
右上端右上2段目端
Enter(Rreturn)キー
縦長横長
Spaceキー
普通横長

 

HHKBの日本語配列と英語配列の大きな違いは上記の8点。

普段お使いのキーボード形式によって好みは大きく変わるはずです。

 

日本語配列を使う方の場合

日本語配列キーを普段使っている方は、憧れから英語キー乗り換えようとする方も多いと思います。

英語キーにする場合、下記事項が注意ポイント。

 

  1. 記号キーの配置が変わる
  2. 文字変換はCtrl+Spaceの2キーが必要
  3. 矢印キーを使うにはFn+〇の組み合わせが必要
  4. 普段Enterキー上部を押す方は、誤ってDeleteを押しかねない
  5. BackSpace位置が一段下がるため、誤って「〜」を押しかねない

 

上記事項を許容できるなら英語配列でOKかと。

 

普段、英語配列を使う方の場合

英語配列キーを普段使っている方は、きっとHHKBでも英語キーを使用されることでしょう。

注意点は「矢印キーがないこと」のみ。

矢印キーの使用頻度がそこまで高くないという方は全く問題ないのですが、「結構使うよ」という方はちょっと考えもの。

 

  1. キー配列を何とかいじる
  2. 多機能マウスに矢印キーを割り当てる
  3. 矢印キー付きのHHKB Lite2を購入する

 

HHKB Lite2は無線接続に対応していないものの、¥5,940円という安価なキーボード。

HHKB type-S等よりは一段落ちる「メンブレンスイッチ」ですが、打鍵感は良いかと。

type-Sより音はうるさくなりますが、音や有線でもOKという方はHHKB Lite2でも良いかもしれません。

 

higma
higma
まあ、Fnキーを押しながら打てば良いだけの話ですが…

 

HHKB無刻印が欲しいなら、ほぼ英語配列一択

HHKBの英語・日本語配列を比較し終えたところで一点補足。

HHKBには刻印有・無刻印の2種類が存在しておりまして。(下記参考画像)

 

HHKB 刻印有

HHKB type-S 刻印あり

 

HHKB 無刻印

HHKB type-S 刻印無し

 

上記の「無刻印モデル」は英語版配列のみ。

日本語配列には無刻印モデルがないので。

 

無刻印のHHKBが欲しいけれど、日本語配列が良い!

 

こちら英語版ですが、一応PFUダイレクトが無刻印のキートップを¥4,500円程度で販売していると。

Enterキーなど日本語固有キーは刻印を自力削るしかないですが、英語配列と共有のキーは無刻印にすることも一応できます。

金と手間をかけると出来ないので、やはり第一に優先すべきなのは自分にあった文字入力方式のキーボードを選ぶことです。


HHKBで最高のタイプ体験を

この記事ではHHKBの日本語配列と英語配列について深ぼってみました。

「こっちの方がなんとなく使いやすそう」とみなさんが感じた配列を選ぶことが正解だと思います。

少しでも「どっちを買えば良いのか」と悩まれている方の参考になっていれば幸いです。

HHKB type-Sの開封レビューも書いているので、購入に踏み切れない方の参考になるかと。

それでは。

 

モノブロガーが選ぶ上半期BEST10

毎月大量のモノを購入しているモノブロガーの筆者。

2020年上半期、本当に買ってよかったモノをご紹介します。