日常と雑貨

この細さで4in1-ROMEOのボールペンNO4が最高な理由

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

マスコミ業界勤務で日々トレンドに追われ続けています。

給料の半分がガジェットに消えるモノ好きです。

 

安いものから高いものまで、様々な商品が存在するボールペン。

安いボールペンも好きだけれど、何か一つ”本当に良いペン”を持っておきたいですよね。

そんなちょっと良いボールペンをお探しの方に向けて、この記事では伊東屋の「ROMEO 多機能ペン4in1 RM403」をご紹介します。

 

多機能ボールペンで何か良いものがないかな
ROMEOの多機能ペンの使い心地が気になる

 

このような想いを抱えている読者の方の参考になれるかと。

 

higma
higma
ぜひゆっくりと読んでいってください

 

筆者の信頼性

ROMEO多機能ボールペンを1年半愛用中

 

ROMEOの多機能ボールペンについて

まずは「ROMEO 多機能ペン4in1 RM403」の概要をまとめてみました。

外観をご紹介しながら、適宜このボールペンの特徴を解説していきます。

 

higma
higma
まずは外観から

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の外観

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

こちらがROMEO 多機能ペン4in1 RM403の全体像。

ブラックのワントーンで統一されており、とにかく渋い。かっこいい

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403のグリップ

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

ペンを握る持ち手の部分はヘビーレタンのレザーが使用されており、高級感があります。

公式ページによると、「革本来の質感を楽しめる植物性タンニンなめし」と、「耐熱性・柔軟性のある革になるクロムなめし」の両方で仕上げられた革だそう。

ペンにレザーという組み合わせは結構珍しいかと思いますが、違和感は全くなく、非常に馴染んでいます。

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の刻印

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

ペンの中央部には「ROMEO NO4」の刻印が。

漆黒のボディとこの銀色の刻印の組み合わせがたまらなく渋く、うっとりとしてしまいす。

刻印部分の上部に見えるのはクリップの部分。

一般的なペンと比べると可動域は少ないですが、胸ポケットやノートの表紙にしっかりハマります。

 

higma
higma
筆者が愛用している表紙が分厚めの無印良品のダブルリングノートにもちゃんとハマりました。

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の内部

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

こちらがROMEO 多機能ペン4in1 RM403のグリップを外した内部の写真。

「赤・青・黒・シャーペン」の4機能を使うことができます。

写真では「ZEBRA JSB芯」が入っていますが、これは筆者が別途購入したモノ。

もともとは別の芯が入っているので、好みの替え芯をカスタマイズして使うとまた楽しいです。

 

higma
higma
ちなみに筆者が黒は「uni JETSTREAM芯」を使っています。

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の上部

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

こちらはROMEO 多機能ペン4in1 RM403の上部。

黒い筐体に黒文字で書かれているので見えづらいかもしれませんが、白いポッチの左に「RED」と書かれています。

 

あれ、普通の多機能ペンにある切り替えのスイッチがない?どうやって色を切り替えるの?

 

実はこのROMEO 多機能ペン4in1 RM403、「振り子ノック式」でして。

この方式のペンは、上を向いている面を感知する構造となっており、「RED」の部分が上を向いていると赤、「BLUE」が上だと青がでる賢い仕様。

 

higma
higma
はじめて振り子ノック式のペンを触る方は衝撃を受けるはず。ロマンの塊です

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403のキャップ

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403のキャップは取り外しが可能。

シャー芯をここから入れることはできませんが、消しゴムがついているのでちょっと文字を消したいときには便利です。

ちなみにROMEO 多機能ペン4in1 RM403のレザー以外の部分は金属製なのですが、このキャップもしっかりと金属製。

 

higma
higma
この金属のサラサラでひんやりとした触り心地がたまらないのです…

 

ROMEO多機能ボールペンの魅力

ここまでROMEO 多機能ペン4in1 RM403の概要についてご紹介してきました。

ここからはROMEO 多機能ペン4in1 RM403の魅力について、語っていこうかと。

 

higma
higma
もうすでにROMEOへの愛が溢れて魅力を語っていた気もしますが..

 

筆者がROMEO 多機能ペン4in1 RM403を長らく使っていて感じた魅力は下記の通り。

 

  1. たまらなくシックな佇まい
  2. ペンなのに経年変化が楽しめる
  3. 細くて持ちやすいボディ

 

higma
higma
補足します

 

①たまらなくシックな佇まい

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の魅力1つ目は、たまらなくシックな佇まい。

もう何度も申し上げますが、とにかくカッコいいのです。

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

 

色はブラックのほぼ一色ではあるものの、革と金属という全く異なる素材が使われており、この組み合わせがまた素晴らしいこと素晴らしいこと

革がなく金属で統一されている伊東屋のヘルベチカも勿論カッコ良いのですが、やはりこの革が入ることでグッと色気が増すと言いますか。

ペンはペンなのですが、インテリアや高級ガジェットのようにずっと眺めていられるのです。

世の中にはいろいろな高いボールペンがあり、それらは「我高級ぞ?」といった雰囲気を出しているものが多い気がしますが、ROMEO NO4は良い意味でそれがないのも良いかなと。

持っていて全く嫌らしさがないものの、よく見てみると”こだわり”が感じられる大人なクールさあり、もう大好きです。

 

higma
higma
愛止まらんですね

 

②ペンなのに経年変化が楽しめる

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の魅力2つ目は、ペンなのに経年変化が楽しめること。

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403は購入した当初も勿論カッコよく使いやすいのですが、グリップ部分の革が経年変化してきまして。

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

 

初めはマットめでゴツゴツとしていたグリップが、使い込めば使い込むほど艶やかに、そしてソフトな手触りへと変化するのです。

筆者は革財布・革カバン・革スマホケースなどなど、自分とともにエイジングしていく革というものが大好きなのですが、まさかペンでもその快楽が味わえるとは。

 

higma
higma
革好きなら間違いなく琴線に触れてくることでしょう。

 

③細くて持ちやすいボディ

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の魅力3つ目は、細くて持ちやすいボディ。

ここまで紹介してきた魅力は情緒面に偏っていましたが、ROMEO 多機能ペン4in1 RM403は機能的側面でも非常に優れていると感じます。

というのも、他の多機能ペンと比べると明らかにボディが細く、持ちやすいから。

 

higma
higma
他のペンと比べてみます

 

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

左端がROMEO 多機能ペン4in1 RM403、中央がジェットストリーム 2&1、右端がドクターグリップ 4+1

他の多機能ペンと比べると明らかに細くコンパクトに仕上がっています

個人の好みにもよるとは思うのですが、太いペンは書きにくいと感じる筆者にとってはこの細い軸が非常にありがたい。

しっかりとペン自体を握ることができるので大変書きやすいです。

 

higma
higma
情緒も機能も最高


ROMEO多機能ボールペンの注意点

つづいては、ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の注意点について。

非常に素晴らしいペンではあるのですが、2点購入をする上で知っておいて方が良いことがあるのでお伝えしておきます。

それが下記の2点。

 

  1. ペンを振るとカタカタする
  2. デフォルトのインクは書きづらい

 

higma
higma
補足します

 

①ペンを振るとカタカタする

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の注意点1つ目は、ペンを振るとカタカタするということ。

振り子ノック式だからなのでしょうか。

ペン非使用時(ペン先が収納されている状態)だと中身が揺れるためカタカタとした音が鳴り、もしかすると気になってしまうかなと。

ペン使用時は全く音がならないため、筆者は気にすることなく使えているのですが、Amazonレビューにてこのような指摘もあったので念のため。

 

higma
higma
使用感への影響はありません

 

②デフォルトのインクは書きづらい

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の注意点2つ目は、デフォルトのインクは書きづらいということ。

初期の状態で搭載されているインクだとスラスラと書くことはできず、おそらく「5,500円払ったのにこの書き味?」と思ってしまうでしょう。

筆者もかなりガッカリしたのですが、これはROMEO本体の問題ではなくインクの問題ですので、別途インクは購入した方が良いです。

文房具に詳しい友人に聞いたところ、JETSTREAMのスラスラとした書き心地が好きな方は「uni JETSTREAM芯」。

インクのでの良さを求めるなら「ZEBRA JSB芯」とのこと。

 

higma
higma
個人的にはZEBRAの方が好きですが、迷ったらJETSTREAMで良いかなと

 

実際、芯を変えてみると見違えるほど書き味が向上するので、芯の別途購入はベターかなと。

Amazonでバルクオーダーすることもできますし、近くの文房具屋で「これください」と画面を見せればすぐに出してくれるのでぜひ試していただきたい。



ROMEO多機能ボールペンで最高のロマンを

ROMEO 多機能ペン4in1 RM403

以上、ROMEO 多機能ペン4in1 RM403の魅力をお伝えしてきたこの記事。

とにかくデザイン性が素晴らしく、持っているだけでテンションの上がる至高のボールペンです。

素敵なモノで身の回りを揃えたいと感じている方にはこれ以上ないペンだと思います。

人と滅多に被ることがない逸品ですし、きっと所有欲も満たされるはず。

それでは。

無印良品のダブルリングノート
このシックさがたまらない-無印良品のダブルリングノートをメインに据えた理由無印良品から発売されているダブルリングノート 。この記事ではそんなダブルリングノートを愛用している筆者が、このノートの魅力について語っています。...


モノブロガーが選ぶ上半期BEST10

毎月大量のモノを購入しているモノブロガーの筆者。

2020年上半期、本当に買ってよかったモノをご紹介します。