メーカー

ガチで就活してた僕が語る、飲料メーカーの雰囲気と違い

飲料業界の業界研究

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

就活では総合商社や外コン・大手メーカー等から内定を獲得しました。

大手就活サイトのライター経験後、自分でサイトを作って”キャリアに役立つ情報”を発信しています。

 

生活に近い商材を扱うことに加え、給与水準も高いことで知られる飲料メーカー。

多くのメーカー志望就活生は飲料メーカーを検討されていることでしょう。

 

各飲料メーカーはどんな雰囲気の違いがあるの?
なかなか飲料業界のOBOGとあえず話が直接聞けない…

 

このような疑問や悩みを抱える就活生に向けて、「飲料メーカーの雰囲気の違い」を解説します。

 

この記事の信頼性
  1. 筆者が実際に飲料メーカー就活を経験
  2. 各飲料メーカー社員とのOB訪問や座談会に参加

 

この記事で比較する飲料メーカー

飲料メーカーの雰囲気の違いについて掘り下げていくこの記事。

今回の記事でご紹介する飲料メーカーは下記の4つです。

 

  1. サントリーホールディングス
  2. キリン
  3. アサヒ
  4. 森永乳業

 

ビールで有名な3社に加え、乳牛で有名な森永乳業を掘り下げていきます。

 

飲料メーカー4社の雰囲気と違い

それでは早速、各飲料メーカーの違いを見ていきましょう。

まずはサントリーホールディングスの雰囲気から。

 

(1)サントリーホールディングスの雰囲気

「プレミアムモルツ」や「南アルプス天然水」というブランドを持つサントリーホールディングス。

筆者が座談会およびOB訪問で感じたサントリーホールディングスの雰囲気は下記の通り。

 

  • 明朗快活
  • 体育会
  • 会社愛

 

筆者がお会いしたOBOGは上記のようなキーワードが似合う方達でした。

座談会の雰囲気も、このあと紹介するキリンと比較して”アツさ”が感じられる感じだったというのが個人的な感想。

社員の方々が自社製品を語る時の表情や姿勢から「自社愛」がビシバシと伝わってきました。

 

higma
higma
「やってみなはれ」という力強い言葉のように、社員の方もパワフルで芯の強い印象が特徴的

 

個人的に好きだったサントリーホールディングスの雰囲気

個人的に最も好きだったサントリーホールディングスの雰囲気は、お会いした全社員が自社に誇りと愛情をもっていたこと

また、その想いを隠すことなく体現していたことです。

 

higma
higma
みなが”会社愛”という共通した想いを持っているので、うまく溶け込むことができれば凄く楽しそうだなと感じます

 

サントリーホルディングスに合わないであろう人

個人的には凄く好きだったサントリーホールディングスですが、なかには合わない人がいるかもしれません。

「あくまでも仕事は仕事」「仕事は仕事」といったマインドの方は、周囲とのギャップに苦しむのではないかと感じます。

 

higma
higma
企画職のクールなOBでさえもアツい想いをもっていたので..

 

(2)キリンの雰囲気

「一番搾り」「午後の紅茶」を手がけ、中野に本社を構えるキリン。

筆者がキリンの座談会等に参加して感じた雰囲気は下記の通り。

 

  • 冷静沈着
  • バランス型人材
  • 秘めたる熱意

 

完全なる主観ですが、キリンからは上記のような雰囲気を感じました。

 

higma
higma
先ほどご紹介したサントリーホールディングスとは相対するイメージ。

 

ただ、真面目すぎるということはなく、フランクになんでも話せるバランスタイプという印象。

クセが強い方はおらず、ただひたすら話しやすいコミュニケーション上手な方が多かったという感想です

 

higma
higma

このあたりは三菱系に共通している特徴ですね

 

個人的に好きだったサントリーホールディングスの雰囲気

個人的に好きだったキリンの雰囲気は、「すべてがちょうど良い」こと。

フランクさ、愛車精神の程度、落ち着き具合などがとにかくちょうど良いと。

 

higma
higma
一緒にいて疲れることがなく、居心地が良さそうだなと感じました。

 

キリンに合わないであろう人

個人的に思うキリンに合わないであろう人は、パッション系の雰囲気が大好きな方。

暑苦しい雰囲気が好きな方や、ノリの良いコミュニティが好きな方はサントリーの方が向いている気がします。

 

(3)アサヒの雰囲気

ビール界の圧倒的人気、「アサヒスーパードライ」を販売するアサヒ。

アサヒの説明会等にて感じた、アサヒを表すキーワードは下記の通り。

 

  • 泥臭さ
  • 実力主義

 

あくまでも個人的な解釈ですが、サントリーホールディングスの雰囲気に泥臭さを付け足したような雰囲気

スタイリッシュというよりは「ガムシャラ」という言葉がフィットするように感じました。

 

higma
higma
商社で例えるならば、伊藤忠といったところ。

泥臭く、意地と根性で突き抜けた結果をだすイメージです

 

個人的に好きだったアサヒの雰囲気

個人的に好きだったアサヒの雰囲気は、ビールに対する強い自信と情熱。

キリンやサントリーはビール以外にも売れ筋商品が多数ありますが、アサヒは比較的ビール特化型。

 

higma
higma
そのせいか、とにかくビールに対する熱意が強く、誇りを感じました。

 

アサヒに合わないであろう人

ビール嫌いは間違いなくアサヒに向いていない気がします

アサヒの方はビールに強い情熱と愛を注いでいるので、そのなかで”ビールが全然好きじゃない”となると浮くので。

 

higma
higma
周囲とのギャップに苦しむことでしょう

 

(4)森永乳業の雰囲気

最後にご紹介するのは、乳牛大手の森永乳業。

飲料メーカーはソフトドリンクやビールだけを作っているわけではありません。

牛乳も作っています。

 

higma
higma
売り上げ規模では上記3社に劣りますが、森永乳業は「マウントレーニア」や「リプトン」などの人気飲料を販売する飲料メーカーです。

 

そんな森永乳業のOB訪問や説明会を経て感じたキーワードは下記の通り。

 

  • 穏やか
  • 堅実
  • 人当たりの良さ

 

飲料業界のなかでも、飛び抜けて人当たりの良い方が多いという印象。

トゲが無く、穏やかな性格で話しやすい社員さんが多いと感じました。

 

個人的に好きだった森永乳業の雰囲気

個人的に好きだった森永乳業の雰囲気は、ワークライフバランスの充実度

社風は穏やかであり、残業時間も離職率も非常に低いなど、とにかくホワイトさが特徴的でした。

 

飲料という身近な商材に関わりたい。でもブラックな働き方は嫌だ

 

上記のようなニーズがある就活生にはぴったりだと感じます。

 

森永乳業に合わないであろう人

個人的に思う森永乳業に合わないであろう人は、新規事業や海外事業にゴリゴリと関わりたい方かなと。

社風が非常にまったりとしているので、パワフルなパッションを伴った動きには向いていないと感じました。

 

higma
higma
もちろん仕事は大変だと思いますが、比較的まったりとした生活を過ごした人にはぴったりな気がします

 

キリンの内定を狙っている方へ

飲料メーカーの雰囲気と違いについて、ご紹介してきました。

同じ飲料メーカーでも意外と印象が異なることが伝わっていれば幸いです。

 

higma
higma
ここで記事を終える予定だったのですが、一点キリン狙いの方に役立つ情報があったのでご紹介します。

 

スカウト型就活サービスの「キミスカ」ではキリンが参加企業として登録しているようです。

 

キミスカ参加企業

NTTデータ、ロート製薬、キリン、キャリアデザインセンター、Sansan、ADWAYS、毎日新聞社、デロイトトーマツ、ミニストップ、一条工務店、松屋、オプト、レバレジーズ、住友不動産販売、ニトリ、三菱電機、アステラス製薬、面白法人カヤック

JapanGateway、itcore、conceptgate、onesty、OPTiM、豆蔵、GEOCODE、TOTAL SERVICE、essence、幕末、LOCUS、INTERSPACE、テンワス、Asgent、リラク、G-FOOT、MBS、養老乃瀧

 

キミスカ内にて記入したプロフィール次第では、キリンからスカウトが届き、特別選考に乗れる可能性があります。

キリンに少しでも興味がある方は、キミスカに登録しておくことをおすすめします。

 

higma
higma
キミスカのレビュー記事もあるので良ければ見ていってください。
逆求人型就活サービス「OfferBox」



経済産業省・マイクロソフト・資生堂・日産・GREE・朝日新聞・JCBなどの一流企業からスカウトが届く「OfferBox」

ESでは表現しきれない自分をアピールし、特別選考のチャンスをゲットできるのでおすすめです。