適職診断

【キミスカ徹底検証】評判・参加企業・適性診断を本音レビュー

キミスカ の評判をまとめた記事

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

就活では総合商社や外コン・大手メーカー等から内定を獲得しました。

大手就活サイトのライター経験後、自分でサイトを作って”キャリアに役立つ情報”を発信しています。

 

キミスカってどんな就活サイトのなの?
キミスカは本当に使える就活サイトなの?

 

この記事ではこのような就活生の疑問にお答えします。

 

この記事の信頼性

筆者が実際に登録/利用済

PRではなく本音のレビュー記事

 

就活生時代もキミスカを利用していましたが、今回の記事を書くにあたり改めてテスト登録をして検証してきました。

きっと参考になるはず。

 

キミスカの概要

まずはキミスカの概要をサクッとご説明します。

一言で表すならば、キミスカはOfferBoxと同様に、「企業からスカウトが届く就活サービス」です。

 

higma
higma
一般的な就職活動とどう違うのか、図示してみました

 

一般的な就職活動

オファーボックス

一般的な就職活動は、就活生から企業に対してアプローチが行われるもの。

就活生が気になった企業に対して、企業が求める設問に回答したESを提出する仕様です。

ESは文字数に制約があったり、企業ごとに文章を変えたりしなくてはならないのが特徴。

 

higma
higma
一方でキミスカを使った就活は下記のようになります

 

キミスカを使った就活

オファーボックス

キミスカは、企業から就活生に対してアプローチをかけてくるスタイル。

就活生はキミスカの性格診断やプロフィール記入欄を入力するのみ。

あとは、企業からスカウトがくるのを待っていれば、特別面談などのオファーが届きます。

 

higma
higma
企業が勝手に寄ってきてくれるので就活生にとったら非常に楽

 

キミスカの参加企業

先ほどご紹介したようなスカウト型サービスを提供している企業は、Offerboxなど他にもあるもの。

ただ、サービスごとに参加企業、言い換えるならばオファーが届く可能性のある企業が異なります。

 

higma
higma
キミスカのトップページには下記のような企業が参加していると書かれていました

 

キミスカ参加企業

NTTデータ、ロート製薬、キリン、キャリアデザインセンター、Sansan、ADWAYS、毎日新聞社、デロイトトーマツ、ミニストップ、一条工務店、松屋、オプト、レバレジーズ、住友不動産販売、ニトリ、三菱電機、アステラス製薬、面白法人カヤック

JapanGateway、itcore、conceptgate、onesty、OPTiM、豆蔵、GEOCODE、TOTAL SERVICE、essence、幕末、LOCUS、INTERSPACE、テンワス、Asgent、リラク、G-FOOT、MBS、養老乃瀧

 

キリン・デロイト・三菱電機を始めとした大企業や、レバレジーズやオプトなど有名ベンチャーが参加しているようです。

 

higma
higma
スカウト型サービス最大手である「OfferBox」には登録のない参加企業があり、魅力的。

 

キミスカの評判まとめ

 

キミスカはなんとなくわかったけど、実際のとこ評判どうなんだろ

 

Twitterを使って、就活生等の評判をリサーチしてきました。

ポジティブな評判、ネガティブな評判ともに色々ありましたが、「この意見は共通していな」と感じたものに絞って紹介します。

 

キミスカへのポジティブな評判

まずはキミスカのポジティブな評判から。

大きく分けて2つあります。

 

  1. 適性診断が正確
  2. 特別スカウトの存在

 

一つ一つ詳しくみていきましょう。

 

(1)適性検査が正確

キミスカのポジティブな評判1つ目について。

多く見受けられたコメントは、適性検査の正確さでした。

 

 

(2)特別スカウトの存在

キミスカのポジティブな評判2つ目。

それは「気になるスカウト」「本気スカウト」「プラチナスカウト」の三種類あるスカウトの存在でした。

 

どういうもの?

 

この本気スカウト・プラチナスカウトは送信できる数に限りがあるらしく、企業が「コイツ欲しい!」と強く感じた時に送るものだそうでして。

これらのスカウトは選考をスキップできる可能性が高いため、「もらえて嬉しい」というモチベーションアップが読みとれるポジティブな反応が多々見受けられました。

 

 

キミスカへのネガティブな評判

つづいてはキミスカのネガティブな評判について。

唯一見受けられたのが「登録企業のラインナップが若干物足りない」ということ。

 

 

キミスカの評価まとめ

以上がネット上で書かれていたキミスカの評判。

「適性診断の質」や「スカウトのシステム」といった機能面で高い評判を得ていました。

一方で「登録企業のラインナップ」という点には若干の不満が見受けられたと。

ただ、キミスカにはOfferBoxでの登録表記のないキリン等の大手企業も複数参加している様子。

 

higma
higma
デメリットというほど悪いレベルではないかと思います。

 

【検証】キミスカ試してみた

キミスカの評判を理解できたところで、ここからは実際に登録してみてサービスを検証します。

実際の画面をお見せしながらご紹介するので参考にしてください。

 

まずはキミスカに登録

まずはキミスカのトップページへ。

自分の卒業年度を入力します。

 

キミスカ登録画面

キミスカトップページ

つづいて、基本的な情報を入力していきます。

 

キミスカ基本情報入力画面

キミスカトップページ

 

ここで登録が完了。

無事適性検査の受験までたどり着くことができました。

 

higma
higma
回答目安は15分とのこと

 

キミスカ適性検査の画面

キミスカ適性検査

 

回答はできる限り悩まない方が良いとのこと。

パッパとすすめると5分程度で終了しました。

 

higma
higma
出てきた診断結果がこちら

 

キミスカ適性検査結果

キミスカ適性検査結果

基本的な性格の傾向を割り出してくれています。

他にもこのような診断結果が。

 

キミスカ職務適性結果

キミスカ適性検査結果

OfferBoxの診断結果にはなかった項目ですね。

どのような仕事に向いているのかがハッキリと数値で示されています。

 

higma
higma
僕の場合は情報収集や企画力が必要な仕事に向いているとのこと。

志望業界選びに参考になります

 

加えて、ビジネス戦闘力や虚偽回答の傾向といった結果も見ることができました。

 

キミスカ戦闘力結果

キミスカ適性検査結果

キミスカのビジネス戦闘力は、自分自身の就活生の中における立ち位置を理解するのに役立ちますね。

ちなみに、虚偽回答の傾向とは、「自分をよく見せようとウソをついていないか」がわかる指標。

この項目を結果に表示してくれる適性検査サービスは初めてみました。

 

higma
higma
虚偽の回答がバレると書類審査で落とされるのでありがたいですね

 

最後に、人物像の診断結果を教えてくれます。

 

キミスカ人物像

キミスカ適性検査

 

higma
higma
これまでの診断結果を集約して、自分自身がどんな人間なのかをまとめてくれています

 

就活生がキミスカに登録するメリット

キミスカの評判や使用感を検証してきたこの記事。

ここからは筆者が実際にキミスカを利用してみて気がついた、就活生がキミスカに登録するメリットを解説します。

僕の思うキミスカ登録のメリットは下記の2点。

 

  1. あますことなく企業に自己PRができる
  2. 受け身の姿勢でもチャンスが回ってくる

 

higma
higma
詳しく説明します

 

①あますことなく企業に自己PRができる

キミスカを利用するメリットの一つ目は、あますことなく企業に自己PRができること。

企業に直接応募する通常就活の場合、企業にアピールできる情報量には限りがあるもの。

ESで表現できるのはせいぜい400~800字でしょうし、自分の経験も伝えられて1〜2程度でしょう。

 

higma
higma
その点、キミスカはプロフィールに様々な情報を入れるスペースがあるので、普段は伝えきれない情報まで企業にPRできます

 

普段はESでは書いてないような項目でも、社会人から見れば「何でそれをESに書かないの?勿体ない!」と思うようなものが結構あります。

武器になりそうな経験や長所は全て書き込み、企業にアピールできるキミスカは魅力的だなと感じました。

 

②受け身の姿勢でもチャンスが回ってくる

キミスカ利用のメリット2つ目は、受け身の姿勢でもチャンスが回ってくること。

通常就活では当たり前ですが、自分から企業に売り込みに行かないと企業は振り向いてくれません。

 

higma
higma
一方、キミスカはプロフィールを入力しておくと、勝手に企業から自分に寄ってきてくれるという点で魅力的です。

 

筆者ならこう使う!キミスカの使い方

ここからはキミスカの使い方について。

筆者が実際にキミスカを利用してみて感じた、「キミスカの上手な使い方」は下記の通り。

 

  1. 適性検査は正直に回答してみる
  2. プロフィールを定期的に変えてみる

 

higma
higma
補足します

 

①適性検査は正直に回答してみる

まずキミスカを利用する上でやってみていただきたいのが、「適性検査は正直に回答する」ということ。

普段、WEBテストで適性検査をやるとき、若干盛って回答することありませんでしょうか。

 

流石にこの質問に正直に答えると受からなくなるよな..「どちらでもない」にしておこう

 

こんな経験がある方、結構多いのではないかと思います。

特定の企業に受かるためなので仕方がないことだとは思いますが、キミスカでは一切不要。

 

higma
higma
「受かる落ちる」という概念が存在せず、「オファーがくるのを待つのみ」なので。

 

だからこそ、キミスカの適性検査は正直に回答してみてください。

いつもよりちょっとネガティブにやってみるのも良いかもしれません。

キミスカの適性検査は診断結果が非常にボリューミーなので、自己分析にも役立ちますし自分の性格と本当にあった企業とのマッチングにつながるので。

 

②プロフィールを定期的に変えてみる

キミスカを使う上でやってみていただきたいこと2つ目は、プロフィールを定期的に変えてみること。

というのも、企業から受けの良いプロフィールを検証することができるから。

あくまでも一例ですが、下記のように「表現したテーマ」を決めてプロフィールを作ってみるのがおすすめ。

 

パターンA:泥臭さを感じさせるプロフ

パターンB:分析力を感じさせるプロフ

パターンC:面白さを感じさせるプロフ

 

特定の企業の合否に関わるESだとリスキーなのでこんなことはできませんが、スカウト型なら落ちる心配もないのでおすすめです。

 

higma
higma
ぜひ、企業がホイホイ引っかかるようなプロフィールを編み出し、ESのクオリティアップにも役立てていただきたい。

 

要約

キミスカについて掘り下げてきたこの記事。

要約すると下記の特徴がありましたね。

 

  1. キミスカは適性検査の診断結果がピカイチ
  2. キリンやニトリなどの大企業やカヤックなどの有名ベンチャーからスカウトが届く

 

登録して損をすることはないですし、就活全体に役立てられるサービスなので、ぜひキミスカを使って就活を有利に進めていただければと思います。

それでは。

 

逆求人型就活サービス「OfferBox」



経済産業省・マイクロソフト・資生堂・日産・GREE・朝日新聞・JCBなどの一流企業からスカウトが届く「OfferBox」

ESでは表現しきれない自分をアピールし、特別選考のチャンスをゲットできるのでおすすめです。