このサイトと筆者について

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhigmaです。

 

サクシューではキャリアに関するコンテンツを多数発信していますが、この記事では「筆者のキャリアにかける想い」をご紹介したく。

直接みなさんのキャリアに役立つノウハウではないですが、記事の裏に込められた意図を知っていただけたら嬉しいなと思っております。

 

就活に関する筆者プロフィール

筆者の就活に関する思いを知っていただくために、まずはどのような就活を歩んできたかをご紹介します。

 

  • FHASE1
    大学初期

    大学入学。サークルとバイトで気がつけば大学2年に。

    大学の専門分野にも興味が湧かず。

  • FHASE2
    就活開始

    大学3年で就活を意識。就活サイトに登録し、合説やセミナーに参加し始める。

    この頃は「自分は大丈夫」という謎の自信があり、座談会で輝いていたメガベンチャーに惹かれると。

  • FHASE3
    就活初期

    サマーインターンに向けて選考を受け始める。

    日系大手はまずまずの難易度のところは通ったものの、憧れだった難関ベンチャー企業は全落ち。

    たまたま書類選考が通過した外銀も、集団面接では学生経験の狭さに呆れられ途中から質問されない始末。

    「半端者感」を痛いほど実感し、絶望。

    一方で、面接官との相性がよくジョブ参加まで漕ぎつけた外資系IT企業から内定獲得。

    ただ、新卒で行く会社ではないと考え、就活を継続することに。

  • FHASE4
    就活前期

    焦りから、とにかく就活対策に膨大な時間を捧げる。

    就活対策記事や本を読み漁り学生経験の見方を工夫するものの、根本がダメなので状況は変わらず。

    引き続きコンサルやベンチャーの選考に参加するも、周囲との差を見せつけられ自信を喪失する毎日。

    明らかに経験が足りていないことを再認識し、就活と並行してWEBメディアの長期インターンを始めることに。

  • FHASE5
    就活中期

    長期インターンが良いトレーニングの場として機能し、成果を出すことにも成功。

    自身の成長に加え、ライブ感のある「学生時代頑張ったこと」が手に入り、ESや面接の通過率が急上昇。

    結果としてその後の選考は好調に進み、外資系コンサルから年内に内定獲得。

  • FHASE6
    就活中後期

    外資系コンサルの志望度が高かっため、日系大手の冬インターンは参加せず。

    引き続き長期インターンに多くの時間をさくことに。

    ある程度就活のコツが掴めるようになり、選考が続いていた日系コンサル・日系大手メーカー・マスコミ業界から連続して内定を獲得。

    漠然と興味のあった総合商社対策も徐々に始めることに。

  • FHASE7
    就活後期

    OBOG訪問で高く評価されたこともあり、無事憧れていた総合商社から内定を獲得。

    内定のカードは色々と揃ったものの、「やりたいこと」が明確に決まっていなかったので、内定承諾先をどこにするかで迷走。

    直感的に「面白そう」と感じたマスコミ業界へ進むことを決め、総合商社や外資コンサルは辞退し就活終了。

  • FHASE8
    社会人生活

    企業のブランディング等に従事。

    自身で戦略〜アウトプットまで一貫して表現できる機会が欲しいと思い、大学生の頃たちあげたサイトをサクシューにリニューアルし、運営中。

 

以上、筆者の就活でした。

学生時代、大したことをやってこなかったものの「なんかいけそう」と変な自信のあるダメ学生だった筆者。

見事に就活初期、学生を見極める力のある企業や充実した大学生活をおくってきた学生たちからボコボコにされましたが、鬼の努力でトップ企業の内定に漕ぎ着けたという感じです。

 

就活を振り返ってみて

結果的にトップ企業の内定を複数獲得でき、やりたい仕事もできている筆者ですが、正直この努力はかなりしんどかった。

本来ほかの大学生がサークル活動を楽しんだり、友人と一緒に旅行へ行く時間を捨ててまで、対策本や対策サイトの記事を読み漁り、大量のESをかいたりGD練習に割いたり興味のないインターンにまで行っていたので。

社会人生活をしているいま思うのは、「こんなに就活に時間を割かなくてもよかった。もっと効率的に就活ができたはず」ということ。

 

higma
higma

学生生活は本来、自分のアイデンティティをしっかりと知るために、さまざまなことを経験するための時期。

 

 

そんな大切な時期を就活に割きすぎるなんていうのは非常にバカらしく、さっさと終えるに越したことはありません。

そんな思いから、本当に必要な就活対策のみに絞った情報を提供する就活サイトをつくり、なんらか今の就活生たちに貢献できればと。

「筆者が膨大にインプットしてきた末に獲得できた内定ノウハウ」に「ブランディング業務で培った上手く見せる術」を組み合わせ、価値ある知識を発信していきます。

世の中の就活サイトは情報量が多すぎたり、就活生を食い物にしていたりする感じが気持ち悪すぎるので、どうにか既存の就活メディアを食っていけたらなと。

ただ、まだこのサイトも未完成。これからもっとより良いサイトに仕上げていくので、乞うご期待ください。

 

発信するコンテンツに関して

キャリアコンテンツでは、大きく2つのカテゴリを用意しています。

 

  1. キャリアを描く
  2. キャリアを叶える

 

「キャリアを描く」は、将来自分のありたき姿を明確化するコンテンツを用意しています。

一方「キャリアを叶える」では、自身の経験を魅力的にブランディングする方法をご紹介。

 

サイト構成も皆さんが欲しい情報にすぐアクセスできるよう工夫しておりますので、ぜひサクシューをキャリア醸成に使っていただければ嬉しいです。

 

キャリアを描く

 

キャリアを叶える