外資コンサル

BIG4内定者直伝-外資総合コンサルの志望動機の伝え方を例文で解説!

外資コンサルの志望動機

外コンの志望動機はどう伝える?

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhimgaです。

(1)日系外資業界問わず複数トップ企業から内定を獲得した実績

(2)大手就活サイトで300本以上の記事を執筆経験

(3)社会人視点での就活攻略

を武器に就活記事を書いています。

 

商社志望の就活生や、早期に就活を始めた組の多くが受ける外資系総合コンサルティングファーム。

そんな外資総合コンサルの有名企業といえば、BIG4(デロイト・PwC・KPMG・EY)ですが、就活生には違いが分かりづらいものです。

この記事ではそんな就活生のために、外資系コンサルから内定を獲得した筆者が実際に使用していた、各ファームごとの志望動機例をご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

そもそも外コンで志望動機って重要?

 

そもそも外コンでは志望動機なんて聞かれないんじゃない?

 

そう思われる外資コンサル志望の就活生、多いことでしょう。

 

確かに外資系コンサルといえば、一般的な日本企業とは異なり「学生時代頑張ったこと」や「志望動機」を聞かれる機会がそこまで多くありません。

地頭が良ければどうにでもなるように思えます。

しかし、意外にも「志望動機」は聞かれるもの

特に、地頭の良さを確認した後に行われる最終面接では「なぜウチなのか?」という質問が実際に筆者にも飛んできました。

そのため、日系企業への対策ほど志望動機を作り込む必要は全くありませんが、聞かれた際にはスラスラと答えられるよう準備をしておくことは大切です

結局地頭の良さや論理的思考力が全てですが、外コンへの志望動機も油断せずに考えておきましょう。

 

基本的な外コンへの志望動機の伝え方

外資系コンサルの選考でも志望動機を伝えることは重要だとお伝えしてきました。

ここでは実際に、どのような企業にも通用する志望動機の伝え方をご紹介します。

基本的に伝える事は以下の4点。

 

  1. なぜコンサル業界が良いか
  2. なぜ外資系が良いか
  3. なぜ総合が良いか
  4. なぜ〇〇(企業名)が良いか

 

上記の4点を押さえておけば問題ありません。

ちなみに筆者はコンサル業界に行きたい理由を「幅広い業界に関われる」という文言を使用していました。

また、外資系に関しては「実力主義」。

総合に関しては「実行フェーズまで支援してこそ意味がある」といったようなことを言っていました。

 

多くの就活生が言いそうな特徴のない回答ですね。

ただ、結局は「回答の論理性」や「もっともらしさ」が重要なだけなので、その思考に至るまでの原体験をブラッシュアップしておけば問題ありません。

皆さんもこの文言を使用してみてください。

 

BIG4・デロイトの志望動機例

「志望動機の伝え方」に必要な4つの要素をこれまで解説してきました。

ここからは先程お伝えした「4.なぜ〇〇(企業名)が良いか」の部分の対策に入ります。

デロイトの志望動機におけるキーワードはこちらです。

 

デロイト特有の「プール制」

 

デロイトは後述のPwCと異なり、すぐに特定部署に配属されることはないプール制が特徴。

 

BIG4・デロイトの志望動機例文

上記デロイトの特性を踏まえた上での、志望動機の例文はこちら。

 

多くの領域に対して興味があるものの、まだ特定の分野に踏み切れるだけの知識・経験は無いと考えている。そこでプール制という様々な領域を経験できる御社の制度に惹かれた

 

ここで注意すべき点は「思考不足」や「受け身」といった姿勢が伝わらないようにすること。

「特定の分野に絞れないのは自分が考えていないだけやん」とか思われかねないので、あくまでも積極性はあることを示しておきましょう

ちなみに海外拠点数などは正直他のファームとそこまで変わらないのでアピールできる材料にはなりえません。

 

BIG4・PwCの志望動機例

続きましてPwCについて。

PwCはデロイトのような制度も無く、海外拠点数も普通、戦略案件にも関われない、などと上手く差別化できるポイントがあまり見当たりません。

そのため、下記が志望動機のキーワードになるかと。

 

PwCの「人・社風」

 

というのも、PwCはコンサルの中でも「ウェット」な風土があるとされているから。

実際にインターンシップ等にいけば分かると思いますが、コンサルにも関わらず「ゴリゴリの陽キャラっぽいOB」がチラホラいます。(もちろん主観ですが)

 

BIG4・PwCの志望動機例文

上記PwCの特性を踏まえた上での、志望動機の例文はこちら。

 

事業内容ももちろん重要だが、共に働く人の雰囲気・組織の風土はそれ以上に重要だと感じている。なぜなら〜(具体例)

 

こんな感じですね。

「人・社風が魅力的に感じた」は個人の主観によるものなので、うまいこと論理立てれることができれば説得力のある志望動機になるでしょう。

 

BIG4・KPMG/EYの志望動機例

最後にまとめてKPMGとEYの志望動機例をご紹介します。

両者に共通する志望動機のキーワードはこちら。

 

日本オフィス開設から日が浅い

 

デロイト・PwCと比較するとまだ日本オフィス解説から日が浅いので、この要素を使うとよいでしょう。

 

BIG4・KPMGとEYの志望動機例文

上記KPMGとEYの特性を踏まえた上での、志望動機の例文はこちら。

 

出来上がった組織で働くのではなく、自らも方向性に影響を与えられるような、共に会社と大きくなれるような組織にジョインしたかった

 

コアとなる志望動機の部分は上記を使い、あとはみなさんの原体験とうまく組み合わせることで説得力のある志望動機になるかと思います。

 

アクセンチュアの志望動機例

BIG4ではないアクセンチュアですが、BIG4と同じような難易度帯にある外資系総合コンサルですので、ここでもご紹介しておきます。

アクセンチュアもPwCと同様に、そこまでの個性がないですが、あげるとすれば「デジタルへの強さ」かと。

正直、他の外資系コンサルも同様にデジタル領域に強いですが。

近年ではクリエイティブエージェンシーの買収を通して、広告領域にも急速に拡大しているようですので、そのような文言も加えると良いかもしれません。

 

外コンの志望動機も事前に練っておこう

外資系総合コンサル「BIG4+AC」の志望動機例をこの記事では紹介してまいりました。

なかなか特徴を見つけ出すのが難しく、志望動機作成に苦労しがちな外資系総合コンサル。

ただ、志望動機で悩むくらいならケース面接対策に時間を回した方がよほど良いもの。

今回僕が紹介したような要素を上手く掻い摘み志望動機へと昇華させてください。

こちらの記事では「外資系コンサルの雰囲気の違い」について、詳しく説明しています。

あわせて参考にしていただければ。

外資コンサルの業界研究
BIG4内定者監修-外資系総合コンサルとは?BIG4の違いを解説外資総合コンサルであるBIG4 就活生から人気度が高い外資系コンサルティングファーム。 ...

また、こちらの記事では外資系コンサルの選考対策方法について解説しています。

対策方法について詳しく知りたいという方はこちらへどうぞ。

外資コンサルの対策法
外資系総合コンサルBIG4に内定するには?-対策とポイントを解説外資系総合コンサルBIG4に内定したい方へ 一見難易度が高そうに見える外資系コンサルティングファーム。 ...

 

あれ?このサイトなんだっけ

 

このサイトはこんな感じ。

 

  1. 日系外資業界問わず複数トップ企業から内定を獲得した実績
  2. 大手就活サイトで300本以上の記事を執筆経験
  3. 社会人視点での就活攻略

 

そこらの就活ブログでは出せないクオリティの情報、大手就活サイトでは言えないタブーにとことん追求していく就活サイトです。

マスコミ業界で培った「ブランディング視点」も生かしながら、就活生に「本当に使える就活ノウハウ」をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてください。

それでは。

適職を知りたい方へ

ユアターン

「自分に向いている仕事が知りたい!」

ユアターンでは15問の問題に答えるだけで適職が診断されます。

30秒の無料会員登録ですぐにトライできるのでオススメです。