OBOG訪問

【CREEDO、使ってみた】社会人向けOBOG訪問サービスをレビュー

社会人向けOBOG訪問サービスCREEDO

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhigmaです。

総合商社や外コン・大手メーカー等から内定を獲得したノウハウだったり、暮らしを豊かにするガジェットなど紹介しています。

 

社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」。

ずっと気にはなっていたものの、なんだか登録するのが面倒で後回しにしていたのですが、「物は試し」ということで重い腰をあげて実際につかってみました。

 

社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」って実際どうなんだろう。使いやすいのかな
具体的にどんなことができるんだろう

 

この記事では、上記のような「気になるけどまだ検討中」の人の参考になるよう、筆者の体験談をベースに社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」を使った感想をご紹介していきます。

 

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」でできること

社会人向けOBOG訪問サービスCREEDO

まずは簡単に、社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」でできることから見ていきましょう。

サービスは非常にシンプルで、「社会人にOBOG訪問する」ことと「自分もOBOG訪問を受ける」ことができます。

 

higma
higma
「社会人にOBOG訪問する」場合の使用感はこんなかんじ

 

CREEDOの検索画面

CREEDOのサービス画像

検索画面では、気になる企業や職種をフリーワードで入力できるほか、タグをプッシュして絞り込むことが可能です。

 

検索後のサンプルイメージ

検索をかけたのち、上記のようにOBOG訪問が可能な方々がズラッと表示されると。

ひとによっては「500円」などと、おひねりが必要な場合がありますが、体感8割の方は無料で相談ができる設定にされていまいた。

 

相談したい内容が、吹き出しに書かれているテーマと違ったら相談できない?

 

筆者もその点が気になっていたのですが、自分が相談したいテーマを、相手方に申し込むことが可能です。

また、一問一答という機能で、テキストベースで質問をすることができました。イメージとしてはTwitterの質問箱。

匿名で質問を投げかけることができ、他のユーザーもその質問と回答が見られる仕様です。

 

higma
higma
じっくり話が聞きたい場合はOBOG訪問、軽く質問したい場合は一問一答といった感じで使い分けられました

 

なお、「自分がOBOG訪問を受ける」という機能は、自身が「経験談を登録する」と先程の先程の「検索後のサンプルイメージ」のように表示がされます。

 

「経験談を登録する」の画面イメージ

CREEDOのサービス画面

こちらは初期設定でスキップできるので、筆者はスキップしてしまいました。

 

higma
higma
テイカーですみません

 

社会人向けOB訪問サービス「CREEDO」の魅力

社会人向けOBOG訪問サービスCREEDO

以上が、社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」の主な機能でした。

詳細な機能については、CREEDOの公式ページに譲るとして、ここからは筆者が実際にCREEDOを使って感じたことを記載していきます。

まだサービスローンチしてまもないということもあり、総登録者数自体は少ないというネガ要素もあるのですが、個人的には非常に「アリ」なサービスでした。

理由は「とにかく”気軽”に相談ができて、キャリアを見つめ直すことができる」から。

これに尽きると思います。

 

higma
higma
少し掘り下げて説明しましょう。

主に下記の理由から、”気軽だ”と感じました

 

  1. リアルで相談できる人を探すより、圧倒的に楽
  2. 転職前提の相談ではないので、精神的に楽

 

higma
higma
一つずつ解説します

 

①リアルで相談できる人を探すより、圧倒的に楽

不思議な話なんですが、新卒就活生向けのOBOG訪問サービスは「Matcher」や「ビズリーチキャンパス」など、色々と魅力的なサービスがあるのに、社会人が気軽に他の社会人に相談できる機会って全然なかったですよね。

結果、自分が気になる業界の人を見つけるためには、友人ヅテで紹介してもらったり、業界人が集まるような社交の場に自ら足を運ばなければならなかったと

これってそもそもめちゃめちゃ面倒なプロセスですし、かつ「友達が〇〇さんから話聞きたいって言ってんですけど、いいですか?」みたく紹介されるので、「友人のメンツもあるし、なんかちゃんと相談しないとな..」みたいに、凄く心理的なハードルも上がると思うんですよね。

 

higma
higma
「ちゃんとやらないといけない感」が結構シンドイ

 

その点、社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」は、検索画面で話を聞きたい人をポチポチ探して、ボタン一つで申し込み→オンラインで相談ができるのが強すぎるのです。

どうしていままでCREEDOのようなサービスがなく、頑張って友人経由で話を聞きに行くことを当たり前だと思っていたのか、不思議でなりません。

 

②転職前提の相談ではないので、精神的に楽

つづいてのCREEDOの”手軽さ”は、「転職前提の相談ではないので、精神的に楽」ということ。

僕自身そうだったのですが、これまでキャリアに悩める若手は「人ヅテで他の人の話を聞く」か、「転職サイトに登録してみる」がキャリアを見つめ直すキッカケだったと思うんですね。

「人ヅテで話を聞く」は先ほども申し上げた通り、まずかなりハードルが高い。

一方、「転職サイトに登録をしてみる」だとどうなるかというと、一応「ラフに話してみませんか?」「キャリアについてお話ししましょう!」みたいなワードが、エージェントや企業担当者から飛んでくるわけです。

 

higma
higma
ちなみに、筆者はビズリーチとLiigaに登録していました

 

ただ、その「ラフに話す」って絶対ラフじゃないよね、と思いません?

学生のときよく面接官がいっていた「インターンは本選考と一切関係ございません」と同じくらい信用ならんのです。

別にその企業へ転職をする気がないにしても、なんか「評価をされる」って嫌じゃないですか。

 

higma
higma
そんなわけで筆者は、転職サービス経由での相談は毛嫌いしておりまして。

 

その点、社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」は、本当に「相談」ができるなと。

採用・転職云々ではなく、あくまでも「キャリアを見つめ直すキッカケとして相談させて欲しい」という前提で話が進むのがありがたいのです。

これまでの転職サービスでなんかモヤモヤしていた方、共感いただけるのではないでしょうか。

 

「CREEDO」は人生百年時代に必携のツール

社会人向けOBOG訪問サービスCREEDO

以上のような理由から、社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」はキャリアを見つめ直す上で、魅力的なサービスだと感じた次第。

自分自身、新卒就活は第一志望の会社に入ることができたのですが、数年間働く中で「このままでいいのかな」「もっと他の場所でスキル磨いた方が良いのかな」「もっとサバサバした風土の会社がいいかも」など、最近ぶれ始めていまして。

 

higma
higma
周囲の友人も、ちょうどここ最近同じような思いを抱えているものの、転職活動までは気合が入れられず、悶々としている人が非常に多いなあと感じています。

 

昔の時代はそんな悩める環境にいたとて、「誰しもが通る道」「転職はちょっと..」と諦めてしまう風潮でしたが、年功序列も崩れはじめ、徐々にですが「転職は自然なこと」という認識に変わりつつあるのかなと。

そうした時代だからこそ、今の環境で我慢することなく、より良いキャリアを求めて動き出さないといけないですよね。

 

higma
higma
(自分に言い聞かせています)

 

そんな悩める若手社会人のキャリアを見つめ直す第一歩として、社会人向けOBOG訪問サービス「CREEDO」は非常に魅力的でした。

気になった方、ぜひ一度CREEDOのトップページをチェックしてみてはいかがでしょうか。

それでは。

逆求人型就活サービス「OfferBox」



経済産業省・マイクロソフト・資生堂・日産・GREE・朝日新聞・JCBなどの一流企業からスカウトが届く「OfferBox」

ESでは表現しきれない自分をアピールし、特別選考のチャンスをゲットできるのでおすすめです。