インターン

【愛用者が語る】インターンシップガイドの魅力・評判と上手な使い方

インターンシップガイド評判

 

higma
higma
こんにちは。筆者のhigmaです。

就活では総合商社や外コン・大手メーカー等から内定を獲得しました。

大手就活サイトのライター経験後、自分でサイトを作って”キャリアに役立つ情報”を発信しています。

 

これまで数々の就活サイトを紹介してきましたが、今回ご紹介するのは「インターンシップガイド」です。

マイナビ・リクナビ・ワンキャリア等の巨大就活サイトと比較すると、知名度はさほど高くないため、知らない方も多いのではないでしょうか。

 

数ある就活サイトのなかで、インターンシップガイドは何が良いの?
そんなに有名じゃないようだけど、インターンシップガイドの評判って実際どうなの?

 

この記事では、上記のような就活生の疑問に対して、就活生時代にインターンシップガイドを愛用していた筆者が率直にお答えをしていきます。

インターンシップガイドで出来ることや魅力・評判に加え、インターンシップガイドの上手な使い方についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

higma
higma
それでは見ていきましょう

 

インターンシップガイドは何ができる?

まずは「インターンシップガイドでできること」を整理してみました。

細かな機能については漏れがあるかもしれませんが、インターンシップガイドでは主に下記のことができるようです。

 

  1. 短期インターンの検索/エントリー
  2. 長期インターンの検索/エントリー
  3. 採用イベントの検索/エントリー
  4. Webセミナー・就活動画の閲覧
  5. 内定者ES/選考体験記の閲覧
  6. 会員限定LINEオープンチャットへの参加

 

higma
higma
ざっとこんな感じです。

 

「インターンシップガイド」というサイト名の通り、インターンに関する機能が充実しています。

内定者ES/選考体験記の機能はワンキャリアやUnistyleにもありますが、「会員限定LINEオープンチャット」は特徴的なポイントです。

外資就活の掲示板機能のように、匿名で特定業界について、卒業年度別のチャットに参加することができ、就活生同士で情報交換ができるのは嬉しい点ですね。

 

higma
higma
商社やコンサル業界等だけでなく、「旅行・ホテル業界」や「音楽業界」「アニメ・ゲーム業界」などなど、幅広い業界のグループが用意されていました

 

「なかなか、同じ業界を目指してる友達が見つからず、情報がえられなくて困っている」という方には、インターンシップガイドのオープンチャットは魅力的なことでしょう。

 

higma
higma
筆者が就活生の頃、この機能はなかったので羨ましいです

 

インターンシップガイドの魅力

以上、ここまでインターンシップガイドで出来ることをザックリとご紹介してきました。

ここからは、就活生の頃にインターンシップガイドを使っていた筆者の視点から、インターンシップガイドの魅力についてご紹介します。

 

higma
higma
インターンシップガイドの魅力は下記の通りです。

 

  1. 短期インターン締切情報が、”ちょうど良く”まとめられていること
  2. 長期インターンの募集企業数が、圧倒的に充実していること

 

higma
higma
詳しく説明します

 

①短期インターン締切情報が、”ちょうど良く”まとめられていること

インターンシップガイドを実際に使っていた筆者が考える魅力1つ目は、「短期インターン締切情報が、”ちょうど良く”まとめられていること」です。

この”ちょうど良く”が肝。

というのも、インターンシップガイドの締切情報は「マイナビリクナビよりも厳選した企業の締切情報を表示」しているものの、「超上位学生向け就活サービスよりは掲載する情報を絞りきっていない」から。

 

「マイナビリクナビよりも厳選した企業の締切を表示」ってどういうこと?

 

若干口が悪くなりますが、検討にも値しない/全く興味の湧かない有象無象の企業群のインターン情報ってどうでもいいじゃないですか。

リクナビマイナビだと、そうした有象無象の企業情報もしっかりと掲載されてしまっているので、情報量が多すぎるんですよね。

その結果、本当に自分が興味のある業界/企業のインターン締切情報を、自ら探しに行かないといけないですし「気がつけば見落としていて締切がすぎていてた」なんてケースがあるわけです。

 

higma
higma
筆者も就活開始してまもない頃、本当はみておきたかった航空業界やIT業界のインターン情報を見落としてしまった苦い思い出があります。

 

その点、インターンシップガイド中位〜上位レイヤーの就活生が興味を持つであろう企業のインターン情報に絞って締切情報を掲載してくれているので、見やすいこと見やすいこと。

 

なるほど。

そしたら「超上位学生向け就活サービスよりは掲載する情報を絞りきっていない」っていうのはどういう意味?

 

超上位向け就活サービスだと、掲載している企業情報が「総合商社・外銀・外コン・広告代理店」といった超難易度の高い業界のみというパターンが往々にしてありまして。

当初、筆者もそうした超上位向け就活サービスのみ登録をしていたのですが、何が起きてしまうかというと、「現状それほど強くは惹かれていないけれど、実はとっても面白そうな業界/企業」を見落としてしまうんですね。

 

higma
higma
就活を終えた頃や社会人になってから見落としていたことに気がつくのですが、これが結構後悔してしまうんです。

 

就活生はしばしばインターンを「本選考を有利に運ぶための術」なんて感じで考えてしまいがちですが、本来インターンの目的は「様々な業界を触れ、自分にあった仕事がなにかを考えること」。

現状自分がそこまで興味がなかったとしても、インターンに参加してみることで意外な魅力が必ずどんな企業でも見えてくるものです。

そうした新しい気づきを得られるチャンスが、「絞り込みすぎた情報」によって逃してしまうことが非常に勿体無いと僕は考えています。

だからこそ、超上位の企業群だけに絞ることなく、ある程度幅広く企業のインターン情報を掲載しているインターンシップガイドは魅力的だなと。

 

②長期インターンの募集企業数が、圧倒的に充実していること

つづいて、インターンシップガイドの魅力2つ目について。

【経験者が語る】長期インターンの探し方はこれだ!就活サイトも紹介という記事でも紹介していますが、インターンシップガイドは掲載企業数が非常に多いのです。

 

higma
higma
あくまでも自分調べですが、長期インターン募集の掲載数は全就活サイトでNO1

 

首都圏エリアだけでなく、全国の長期インターン募集情報を掲載されているので、これまで長期インターンに興味はあったけどなかなか自分のエリアで募集が見つけられないという方にはとてもおすすめ。

業種や給料で絞り込むこともできますし、自分の希望にあったインターン先だけに絞って選ぶことも可能です。

 

higma
higma

長期インターンは、学生のうちから自分のキャリア観を磨くことができる魅力的な機会ですので、ぜひチャレンジしていただきたい

 

ぜひ長期インターンに興味がある就活生はインターンシップガイドで実際に募集要項を確認し、どんな業務を体験できるのかチェックしてみてください。

 

インターンシップガイドの評判はどう?

以上、筆者の思うインターンシップガイドの魅力をご紹介してきました。

ただ、読者の皆さんからすると、「筆者以外もインターンシップガイドを高く評価しているのか?」と気になることでしょう。

そこで、ザッとTwitterで「インターンシップガイド」というキーワードでエゴサをして、評判を確かめてみました。

 

higma
higma
一部をご紹介します

 


 

higma
higma
22卒就活生の投稿ですね。

筆者と同じく、インターンシップ締切カレンダーが便利であること高く評価されていました

 

 

higma
higma
就活生に向けて採用情報を発信している方の投稿。

同じく、インターン締切一覧を高く評価されていました

 

以上、超簡単にですが、インターンシップガイドの評判について、Twitterから意見を引用してきました。

そもそもの投稿数が少なかったので、ポジティブな意見しか見つけることができませんでしたが、やはり「インターンシップ締切情報」は筆者以外も高く評価をしているようです。

 

higma
higma
長期インターン目的で使っている方は少ない印象。

みなさん日々の選考締切確認のためにインターンシップガイドを利用しているようでした

 

インターンシップガイドの上手な使い方

色々な就活サイトを使っていると、「いつの間にか使わなくなっている」「イベントのメールだけずっときてる」なんてこと、往々にしてありますよね。

サイトによっては放置して全く問題のないものもあるでしょうが、インターンシップガイドは「1ヶ月ごと」に「短期インターン締切情報」をチェックすることをお勧めします。

日々新しいインターン情報が追記されていきますので、見逃しがないようお気に入りに登録しておいて、講義の暇な時間にサクッと確認してみると良いかなと。

その上で気になるインターンがあれば随時手帳に締切情報をコピペしていく運用スタイルをしてみてはいかがでしょうか。

 

higma
higma
実際に筆者もそんな使い方をしていました。

 

トップページに今回紹介しきれなかった情報等も色々ありますので、気になった方は一度インターンシップガイドのHPをザッとみて、自分のニーズに合っているかを確かめてみてはいかがでしょうか。

それでは。

 

おすすめ就活サイト
【完全版】就活サイトを用途別に比較してランキングまとめてみた数多ある就活サイト。この記事では僕が実際に試し、心からおすすめできると感じた就活サイトのみをご紹介します。...

 

逆求人型就活サービス「OfferBox」



経済産業省・マイクロソフト・資生堂・日産・GREE・朝日新聞・JCBなどの一流企業からスカウトが届く「OfferBox」

ESでは表現しきれない自分をアピールし、特別選考のチャンスをゲットできるのでおすすめです。