就活

就活生は絶対に靴を磨くべし-理由とおすすめグッズをご紹介

靴磨きに関する記事のアイキャッチ画像

就活生は絶対に靴磨きをすべし

就活をしていると何度も履くことになるであろう、黒の革靴。

皆さんはしっかりと革靴を磨いているでしょうか。

靴磨きのやり方が分からない
靴磨きって面倒くさそう

このように思われる方、多いことでしょう。確かに、靴磨きはしっかりやろうとすると時間がかかるものですし、手間のかかるものです。

ただ、就活を通して筆者は「絶対に靴磨きはすべき」だと強く感じました。

この記事では就活生が靴磨きをすべき理由、靴磨きのやり方、靴磨きのおすすめグッズをご紹介します。

靴磨きをすべき理由

就活生が靴磨きをすべき理由は以下の通り。

(1)誠実な印象を与えることができる

まず靴磨きをすべき理由として「誠実な印象を与えることができる」ことが挙げられます。これは面接において非常に重要なことです。

というのも、短い時間の面接では第一印象によって大きく評価が左右されるから。

そのため、髪型やスーツの着こなし方がだらしないと「この人はだらしない人間だ」と判断される可能性が高く、その色眼鏡のまま面接が進むことになってしまいます。

そうなると、最初からネガティブな印象となってしまい、「ダメな点に目がいってしまう、落とすための面接」になってしまうのです。

だからこそ、第一印象に左右されやすい就活では、革靴にまでしっかりと気を遣うべきであると言えます。

(2)他の就活生と差別化することができる

就活生が靴磨きをすべき理由の2つ目は「他の就活生と差別化できるから」です。

多くの就活生は髪型やスーツのシワに対しては意識を向けていますが、なぜか革靴は油断しがち。

実際に面接会場では「髪型は清潔感のある短髪、スーツはジャストサイズでシワ無し、なのに靴はカサカサボロボロ」という残念パターンの就活生を多く見かけました。

面接官は意外と足元まで見ているものなので、しっかりと靴磨きをしておくことで他の就活生とは違う人物であることを伝えられるようにしたいところです。

靴磨きのやり方

靴磨きの重要性をお伝えしたところで、靴磨きを実際にやる方法をご紹介します。

今回ご紹介する方法は、靴磨きのステップを簡略化したもの。非常に簡単なので、ぜひ実践してみてください。

(1)汚れ落とし

靴磨きに必要な第一ステップは「汚れ落とし」です。

靴にはホコリや土などの汚れがついていますので、まずはそれらをキレイにしてあげましょう。

馬毛ブラシを靴全体をブラッシングしたのち、リムーバーと呼ばれる汚れ落とし剤を付けた布で汚れを取り除いてあげます。

もしブラシ等を持っていなければ、Tシャツの切れ端などを使って靴全体を拭いてあげてましょう。

(2)靴クリームをぬる

革靴の汚れが落とせた後は、靴クリームを塗ってあげましょう。

革は保湿をしてあげないとカサカサになってしまうので、靴クリームでしっかりと保湿をしてあげなければなりません。

靴クリームを少しずつとり、「ちょんちょん」と少しずつつけてあげましょう。

その後、豚毛ブラシを使用して大きくブラッシングをかけ、全体に靴クリームが行き届くようにブラッシング。

それが終われば、また布を使って余計なクリームを取り除くと良いでしょう。

この時点で革靴は潤っており、結構ピカピカになっているはずです。時間の無い就活生はここのステップまでやればOK。

(3)靴先にワックスをぬる

余裕のある就活生は、最後に靴の先端とかかと部分にワックスをつけてあげましょう。

いわゆる「鏡面磨き」と呼ばれる作業工程であり、靴の先をピカピカすることが目的です。

ここではワックスをにつけ、少しずつ靴の先に塗ってあげます。ワックスが乾いたら塗布、乾いたら塗布を繰り返して何層もワックスを塗り重ねていきます

その後、水分を少し含んだネル生地にワックスをつけながら更にワックスを重ね、光り輝いてきたら縦方向に仕上げの磨きをしましょう。

これで完成です。筆者の場合、この作業をかなり丁寧にやっているので50分程度かかりますが、簡単にやると30分もかからないはず。

おすすめの靴磨きグッズ

靴磨きのやり方をざっくりと理解して頂けたでしょうか。

何だかんだ靴磨きは道具が必要となるものなので、ここでは靴磨き初心者に向けて、ニーズ別に必要となる靴磨きグッズをご紹介します。

(1)これ一つで大丈夫-靴磨きセットが欲しいなら

靴磨きセットには様々な「ビギナー向けセット」が存在しますが、その中でも筆者がおすすめするのが「サフィール×銀座大賀靴工房」のシューケアセット。

多くの靴磨きセットは鏡面磨き用のワックスが入っていないパターンが多いのですが、こちらのセットにはワックスも同封されているのがポイントです。

また、サフィールのワックスは「輝きやすい」と鏡面磨きに定評のある商品であり、時間のかかる鏡面磨きも短時間で終わらせられるのでオススメできます。

 (2)より使いやすいブラシが欲しいなら

ビギナー向けセットは靴磨きに必要なものが一気に買える一方、ブラシが小さいなどの残念ポイントがあります。

そのため、「しっかりと靴磨きをしたい」という方は別の道具を買う必要があるでしょう。

そこで僕がオススメするのは「銀座大賀靴工房」のブラシです。持ち手が大きく、ダイナミックに靴磨きが出来るのでオススメです。

(3)より靴の輝きにこだわりたいなら

靴磨きビギナー向けセットに入っている靴クリームに物足りなくなった方にオススメしたいのが、「ブートブラックシルバーライン」の靴クリーム。

鏡面磨きをしなくとも、靴クリームだけでだいぶ靴がピカピカになるのでおすすめです。

また、ムートンクロスがあると靴を一気に磨くことができるので、合わせて使ってみると良いでしょう。

参考になる靴磨きのYouTubeチャンネル

流石に文章だけでは靴磨きのやり方は分からないと思うので、僕が就活生時代に実際に靴磨きを勉強していたYouTubeチャンネルをご紹介します。

(1)靴磨き芸人 奥野の『兎にも角にも靴磨き』

この方のチャンネルでは、靴磨き初心者に向けた動画が豊富にあり、作業工程もしっかりと掲載されているのでおすすめです。

「ノーカットの作業風景」や「靴磨きセットで靴磨きをしてみた動画」「100円ショップの靴磨きグッズのみを使った靴磨き」などがその例ですね。

なかでも「鏡面磨き」の動画は非常に参考になるのでオススメです。

「靴磨きを始めてみたい」という就活生はまずこの方の動画を参考にしてみましょう。

(2)Brift H

Brift Hは南青山にある靴磨き店Brift H(ブリフトアッシュ)というお店のYouTubeチャネル。

更新は3年前で止まっていますが、「これぞ靴磨き」と言わんばかりの靴磨き工程を楽しむことが出来ます。

こちらも作業工程を実際の動画を見ながら行えるものなので、「スタイリッシュな靴磨き」を見てみたい方にオススメできる動画です。

筆者もこの動画を見て靴磨きが好きになりました。

靴磨きで他の就活生と差をつけよう

就活生に靴磨きをおすすめする記事を書いてきました。

靴磨きは確かに面倒なものですが、そこでひと手間を書けられる就活生こそが他と差を付けられると僕は思います。

「たかが靴」ではありますが、そこで面接官の印象は大きく左右される可能性もありますので、抜かりのないよう、しっかりと磨き上げておくようにしてください。

きっと皆さんの自信にもなるはずです。

それでは。

【最新版】本当に役立つおすすめの就活対策本、まとめてみましたおすすめの就活対策本を教えてください 20卒の後輩から、良く聞かれるこの質問。 就活サイト、確かに良いこと書いてあるけど結構読み...