就活

就活にTOIEC対策は必要?-900超えスコアで就活をした僕の感想

就活のためにTOIEC対策は必要?

就活をしていると、しばしば聞かれることのある「TOEICのスコア」。

就活界隈では「TOEICのスコアなんて見られてない」という意見や「英語力は重視されるからやっておくべき」など様々な意見が見られますよね。

この記事では、TOEIC900超えのスコアで就活をしていた僕の思う「就活におけるTOEICの重要性」をご紹介。就活生の方は参考程度に見てください。

TOEIC900はどれだけ就活に影響したか?

まずは僕の就活時代のエピソードをもとに、TOEIC対策の重要性を確認していきましょう。

結論から申し上げますが、TOEIC900というスコアで得をしたという実感は一切ありませんでした

幅広い業界を受けていたので、30回くらいは面接を受けましたが、TOEICに関する質問は受けたことがありません。

「ES選考の時点で優遇されているだろ」と思われる方もいるかもしれませんが、TOEIC900超えのスコアを持ってしても、サマーインターンの時期には日系企業やら外資系企業から多数お祈りをくらっていました。

結局重要なのはESの中身+Webテストの成績であり、TOEICの影響力は微弱だと個人的には思います。ただ、優遇されている可能性は無きにしもあらず。

そこで、僕が「就活のためのTOEIC対策は必要?」という問いに対する結論は以下の通り。

TOEIC対策はやっておいて損はない

企業のビル画像かなり漠然とした回答になっているのですが、これには理由があります。理由は以下の2点。

(1)選考を受ける企業によってTOEICの重要性は異なる

就活生に知っておいて欲しいのは「企業によって重要視するポイントは異なる」ということです。

外資系企業であればメールや電話に置いて英語を多用するため、TOEICスコアが高い就活生は高く評価される可能性があるでしょう。

ただ、海外進出に消極的なドメスティックな日系企業では、そもそも英語が必要なスキルではないため、何ら影響力を持たないかもしれません。

このように、企業によってTOEICのスコアの重要性は全く異なってくることを覚えておきましょう。

(2)皆さんの能力次第でTOEICの重要性は変わる

就活において一番重要なのは「どれだけ企業の求める人物像に近いか」「どれだけ企業にメリットを与えられる人材だと思わせられるか」です。

そのため、就活生の皆さんがTOEICのスコアを持っていなくとも、「学生時代の経験」に関する質問で「企業の求める能力を感じさせるようなストーリー」を提供できれば選考は簡単に通過できるでしょう。

あくまでも僕の持論ですが、TOEICは当落線上にいる就活生(いわゆる△評価)をふるいにかける程度の指標でしかないと思います。

そのため、企業から確実に「優秀」という評価をもらえる就活生なら対策の必要はありませんが、他の就活生と差別化ができないような方はTOEICの対策をしておく必要はあります。

僕の思うTOEIC対策をしておいた方が良い就活生

大学のイメージこれまで述べてきたことを踏まえて、僕が「就活のためにTOEIC対策をしておいた方が無難」と思う就活生は以下の通り。

(1)学生時代「普通」のことに取り組んできた就活生

学生時代に「ありがちなエピソード」を面接やESで語ろうとしている就活生にはTOEIC対策をおすすめします。

代表的なもので言えば、スポーツ系サークル(フットサル・テニス)、飲食店でのアルバイト、塾講師のアルバイトなど。

たいてい上記のような経験を語ろうとしている就活生は「新歓担当として集客アップした」「副代表として組織の円滑化に努めた」「接客を工夫した」「授業後に面談した」とかになりがちですよね。

確かに就活生ご本人にとっては「頑張った経験」なのかもしれませんが、同じような学生は日本中に何万といる「典型的なパターン」であり、没個性的です

そのような学生だと、いくら顔が良かったとしても、あっさり落ちる可能性が非常に高いので「あ、彼はTOEICのスコア高いんだね」という印象で差別化する必要があります。

長期インターン先はどう探す?-おすすめの就活サイトをご紹介長期インターンの探し方が分からない方へ 実際に企業へ入り込み、仕事をすることができる長期インターン。 「業務体感ワーク」や「プレ...

(2)大学のクラスがMARCH以下の就活生

ベンチャー企業や中小企業狙いの就活生ならTOEIC対策をする必要はありませんが、大手企業となると話は別です。

僕が内々定者懇親会にいった総合商社や日系メーカー、日系コンサル、広告代理店などでしたが、基本的に内定者は早慶以上が大半であり、MARCH生はほぼ見つけられないレベルでした。

やはり日系の大手企業となるとMARCHの採用枠は学生数が多いにも関わらず非常に少ないので、「目立つ」ことが非常に重要です。

そのため、少しでも目立つためにもTOEICで900オーバーのスコアをとっておくほうが良いでしょう。

(3)外資系企業志望の就活生

外資系企業の中には、そもそもTOEICのスコアが一定以上ではないと応募が不可能な場合も。

また、英語面接などが選考フローに組み込まれている場合もあるようですので勉強しておいて損はなさそうです。

TOEICの”高スコア”ってどれくらい?

ここからは僕が就活を通して感じた、高スコアとして捉えられるTOEICの数値を主観でご紹介します。

まず、間違いなくどの企業でも高スコアとして捉えられるのは「900以上」でしょう。中には950以上という方もいますが、このレベルまでくると評価の差は無いように思われます。

ただ、世間一般では800オーバーのスコアでも「高得点」という評価が得られると思うので、最低でも800オーバーのスコアは取っておきたいところです。

TOEICのスコアは意外と模擬試験を一回解くだけでも、試験形式に慣れることが出来てスコアアップするのでオススメ。僕が使っていた公式の問題集リンクを紹介しておくので、参考にしてください。

また、本格的に対策したい方にはスタディサプリがオススメ。映像授業で学べるので問題習得のが面倒な方にはこっちの方が良いでしょう。パーソナルコーチもついて「やらなきゃいけない感」がでるのでサボりがちな方にはピッタリです。

TOEIC対策は一応やっておくべし

アルファベットの画像

就活におけるTOEICの重要性について色々と論じてきました。

やっておいて損はないので、時間に余裕がある就活生は必ず、無い就活生も出来る限りTOEIC対策の勉強をしておくようにしましょう。

それでは。

【最新版】本当に役立つおすすめの就活対策本、まとめてみましたおすすめの就活対策本を教えてください 20卒の後輩から、良く聞かれるこの質問。 就活サイト、確かに良いこと書いてあるけど結構読み...